「日本のマスコミ報道では見えてこない日米関係を読み解く」ほか
佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.009 読書ノートより

 読書ノートは、書評とは異なります。これから読者が情勢を分析したり、物事を深く考えたりするのに役立つという観点から文章を綴っています。それだから、書評と比較して、引用が長いのです。

読書ノート(No.19)

出口汪 『超訳 鴎外の知恵』 ディスカバー 2013年

 森鴎外は、夏目漱石と並ぶ文豪である。現在も漱石の小説はよく読まれているが、鴎外の著作はあまり読まれない。それは、鴎外の著作の多くが擬古文で書かれているからだ。口汪(ひろし)先生は、擬古文を現代日本語に翻訳し、鴎外の知恵を21世紀に継承することに成功した。

<本書は、ヨーロッパで古くから読まれ続け、しかも、鴎外が日本人に必要なものとして、抽出し、翻訳した三冊の箴言集から、さらに私が現代の日本人に送りたいものを厳選し、超訳したものである。

 残念なことに、三冊の箴言集は擬古文で書かれているため、今の私たちにはかなり読みにくいものとなっている。

 そこで、私が思いきって超訳した。なるべく原典に忠実であろうとはしたが、場合によっては、今の時代にふさわしいように、私なりの解釈を多く取り入れている>(はじめに[頁非表示])

 鴎外と出口汪先生という二人の日本の知識人を通じて、最短距離でヨーロッパの知恵に触れることが出来る。・・・・・・

このテーマについて深く知るための「連読」
NEW出口現代文の実況中継(1)』 出口汪 語学春秋社 2007年
NEW出口現代文の実況中継(2)』 出口汪 語学春秋社 2007年
NEW出口現代文の実況中継(3)』 出口汪 語学春秋社 2007年
鴎外随筆集』 森鴎外(千葉俊二編) 岩波文庫2000年
座右の銘 経営名言集・ピンチはチャンスなり』 大橋武夫 マネジメント社 1978年
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら