[BCリーグ]
新潟・青木智史コーチ「連覇に向けた“継続”と“進化”」

 昨季は初のリーグ優勝、そして日本一を達成した新潟アルビレックスBCですが、決して満足はしていません。主力選手のほとんどが残っていますから、昨季のチーム力を継承しながら、それにどれだけ上積みして進化していくことができるかが重要です。今季は内藤尚行新監督の下、連覇を目指していきます。

 新潟の強さは、橋上秀樹さん、高津臣吾さんの指導法を選手たちが忠実に受け止め、その中で成長してくれたことにあります。どんなタイプの指導者の下でも、方針を明確に提示してくれさえすれば、それに適応する能力は十分にあることは実証済み。それだけに内藤新監督の下、今季はどんな野球をするのか、今から楽しみで仕方ありません。

 その内藤監督のこだわりのひとつが「先取点」です。おそらく、早めに試合の流れをつかみたいということがあるのでしょう。新潟の「先取点」は他球団からすれば、脅威になり得ます。昨季とほとんど同じメンバーが揃う新潟の打線は、一度勢いがついたら止まらない爆発力があるというイメージがあると思うのです。ですから、その新潟にリードされる前に、自分たちがリードを奪いたいという気持ちがあるはずです。そこで新潟が先取点を奪えば、「あと何点奪われるのだろうか……」と相手にプレッシャーとダメージを与えることができます。そうなれば、試合を優位に進めることができるでしょう。