[パラリンピアンの挑戦]
スプリンター高桑早生の進化

 昨夏、ロンドンパラリンピックに出場し、100メートル、200メートルで決勝進出を果たした高桑早生(慶応大)。大観衆の中、初めてパラリンピックの舞台を走り抜けた喜び、そして痛感した世界のトップ選手たちとの差……。ロンドンパラリンピックは彼女に、計り知れないほど大きな財産をもたらした。あれから約半年。高桑の練習を訪れると、そこには既に2016年リオデジャネイロに向け、1歩も2歩も前進している彼女がいた。

 2月23日、高桑が通う慶應大学日吉キャンパスの陸上競技場を訪れた。「こんにちは。お久しぶりです」ロンドンパラリンピック後、初めて見た高桑の表情には、充実感が漂っていた。「ロンドンのレースは、高桑にとっても僕にとっても、当時の彼女のベストレースだったことは間違いありません。でも、今の彼女はその上をいっていますから、既にロンドンでのレースがベストではなくなっているんです」10年から彼女を指導する高野大樹コーチから、前もってこんな言葉を聞いていたことも影響していたのだろう。最初の何気ない挨拶で、彼女の充実ぶりはすぐにわかった。そして、その要因は彼女の “進化”にあった。

ストライドにあった世界との差

ロンドンパラリンピック前、スタート時の1歩目を強く踏み出す練習を繰り返していた

 高桑がロンドンパラリンピック前に強化、修正してきたことは大きく分けて2つある。ひとつはスタート時の1歩目だ。義足側でしっかりと強く大きく踏み出す練習を重ねてきた彼女は、ロンドンでも世界のトップランナーたちとまったくひけをとらなかった。いや、もしかしたらスタートだけでいえば、既に世界トップと言っても過言ではないだろう。実際、パラリンピックでは100メートル、200メートルともにスタートの1歩目では、表彰台を狙える位置にいたのだ。

 だが、2歩、3歩……と進むに従って、彼女は後方へと下がっていった。つまり、2歩目以降に世界のトップランナーたちとの差があるのだ。高野コーチに訊くと、足の回転スピードに関しては金メダリストと高桑との差はほとんどないのだという。では、どこに違いが生じているのか。それは1歩1歩のストライドの幅にあった。

 ロンドン前、スタートのほかにトレーニングをしてきたのは、まさにその部分に直結する足の動きの修正であった。だが、完全には身につけることができないまま、本番を迎えていた。逆に言えば、高桑は進化の途中でロンドンに臨んだにもかかわらず、目標だったファイナリストとなったのだ。それは、彼女のポテンシャルの高さを示すことにもなったことは言を俟たない。

 一方、高野コーチにとっても足の動きについての修正がロンドンまでに間に合わないことは、想定内であった。
「走りのひとつひとつを修正するには、本当に時間がかかるんです。それをロンドンまでに、とは最初から思っていませんでした。彼女にも、それほど強く意識はさせていなかったんです。だから、ロンドンではスタートがきっちりとできていただけで、OKでした。彼女の力をほぼすべて出し切ってくれたと思っています」