[WBC]
オランダ相手に再び猛打 1位通過で米国へ

 第3回WBCは12日、2次ラウンド最終戦で日本代表がオランダ代表に10-6で勝利し、1位通過を決めた。日本は初回に1点を先行されたが、2回、阿部慎之助の1イニング2本塁打などで一挙8点をあげて逆転に成功する。その後は小刻みな投手リレーでオランダの反撃をかわした。日本は試合後、渡米し、準決勝では日本時間18日に2次ラウンド2組(ドミニカ共和国、プエルトリコ、米国、イタリア)の2位チームと対戦する。

◇1組
不調の長野も2安打5打点(東京ドーム)
オランダ代表       6 = 100000230
日本代表        10 = 08000002×
(オ)●ベルクマン-イセニア-パベレク-ヘイエスタク-バレンティナ
(日)○大隣-沢村-田中-今村-森福-山口-涌井-牧田
本塁打 (オ)シモンズ2号ソロ
      (日)阿部1号ソロ、2号3ラン

4番が待望の“2発”

 待ちに待った主砲の一発だ。しかも1イニング2発のおまけつき。貧打に苦しんだ侍ジャパンが調子を上げて決戦の地、米国へ乗り込む。

 2回。先頭の阿部はオランダ先発のダビト・ベルグマンに対して追い込まれながらもファウルで粘る。そして9球目のストレートを振りぬくと、打球は大きな弧を描き、ライトスタンドへ。ようやく出たホームランに阿部も気持ちよさそうにダイヤモンドを1周した。

「状態の悪い選手、出番のない選手をメンバーに入れた」と試合前に山本浩二監督が語ったように、この日の二本は阿部をDHに起用し、スタメンマスクは炭谷銀仁朗がかぶった。当たりの出ていなかった長野久義は1番でスタメン復帰。2番には松井稼頭央が入り、7番には角中勝也が入った。

 主砲のソロアーチで1-1のタイスコアに戻した日本は、不調の長野にもタイムリーが飛び出す。阿部のホームランの後、連続四死球と角中のバント処理を相手がもたつき(記録はヒット)、無死満塁。1死後、まず9番・松田宣浩がセンターへの鮮やかなタイムリーを放って勝ち越す。

 なおもすべての塁が埋まった状態で打席に入ったのが長野だ。ここまでの打率は.154。第1打席もファーストフライに倒れ、本来の打撃ができていなかった。だが、この打席では1-1から内に入ってきた変化球を引っぱたく。打球はレフト線を破る走者一掃の二塁打。「全然貢献できていなかったので、とりあえず打てたことは良かった」。長いトンネルを抜ける一撃に塁上でホッとした表情をみせた。