[格闘技]
近藤隆夫「ヴァンダレイ・シウバが強かった秘密」

『UFC JAPAN2013』を観た後で

衝撃的だった12年前の桜庭戦

 ひな祭りの日、さいたまスーパーアリーナで開催された『UFC JAPAN2013』。そのメインエベントでヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)が勝利したシーンを観ながら、彼の出世試合を思い出していた。

 早いもので、あれからもう12年が経つ。場所は同じ、さいたまスーパーアリーナでの『PRIDE13』(2001年3月25日)。この大会でヴァンダレイは、当時、人気絶頂で日本総合格闘技界のエースであった桜庭和志に挑んでいる。戦前の大方の予想は、桜庭有利。

 ヴァンダレイも、その前年にダン・ヘンダーソン、ガイ・メッツアー(ともに米国)といった実力者を破ってはいたが、それ以上の実績を桜庭は積み上げていた。ホイラー、ホイス、ヘンゾ、ハイアンといったグレイシーファイターをたて続けに降して「グレイシーハンター」の異名をとり、ミドル級では無敵の状態にあったのだ。

 ところがヴァンダレイはアップセット(番狂わせ)を起こした。テイクダウンを狙った末にうつ伏せの状態となった桜庭に膝蹴りを連打、サッカーボールキックも見舞って、わずか98秒でTKO勝利を収めた。

 この一戦でヴァンダレイの名は日本のみならず、世界に知られるようになる。その後も3年以上にわたって連戦連勝、PRIDEの主役のひとりであり続けた。

 PRIDEのリングでの忘れ難き試合はいくつもある。最初の勝利がフロックではないことを証明した桜庭との再戦(『PRIDE17』/PRIDEミドル級王座決定戦)。判定をつけないルールにより、時間切れ引き分けとなったが、内容では勝っていたミルコ・クロコップ(クロアチア)戦(『PRIDE20』)。PRIDEミドル級グランプリ準決勝での吉田秀彦戦、そして凄絶なKO勝利を収めた同決勝でのクイントン・ランペイジ・ジャクソン(米国)戦……。

 “戦慄の膝小僧”ヴァンダレイのラジカル・ファイトは凄まじく、ファンを魅了し続けた。彼のテーマ曲「Sandstorm」を聴くと、これらの歴史的ファイトが脳裡に蘇る。