[アイランドリーグ]
徳島・島田直也監督「ジャイロボール?を投げる練習生」

うれしい若手のアピール

 今季、チームとして初の実戦となったJR四国との練習試合(1日)は敗れたものの収穫の多いゲームとなりました。この試合、僕は練習生も含めて出場できる選手は全員起用しました。その中で、練習生やこれまで出場機会の少なかった選手がいいアピールをしてくれたのです。

 投手では練習生の沼江亨(小松島高)が4番手で登板して1回を3人で切り抜けました。彼は高卒2年目の右腕です。昨年はまず体をつくるべく、黙々と練習に取り組んでいました。オーバーハンドとスリークォーターの中間の位置から勢いあるボールを投げ込みます。

 彼のストレートは独特で、ジャイロボールに近い回転をします。これはひとつの武器になるでしょう。コントロールは課題ですが、ストライク先行のピッチングができれば、選手登録の可能性も十分出てきます。

 野手でも2年目の酒井亮が二塁打を放ち、結果を残しました。昨季の彼は同じサードの松嶋亮太の控えに回ったこともあり、わずか30試合の出場。ただ、バッティングには非凡なものがあります。守備と走塁はまだまだですが、最初の試合で自らの長所をアピールし、今後が楽しみになってきました。練習を1日も休まずにやるような選手ですから、伸びしろも期待できるでしょう。まずはチーム内で松嶋を脅かすレベルに達してほしいものです。

 この試合、僕は1番・吉村旬平、2番・東弘明、3番・神谷厚毅と機動力の使える選手を上位に並べました。現役時代、ピッチャーの立場で一番イヤだったのは足を使って攻められること。その経験を踏まえ、昨季も盗塁やエンドランなどをうまく絡めようとしましたが、なかなか1、2番が機能しない現実がありました。吉村、東とも昨季は満足な結果が残せず、今季は目の色が変わっています。この2人が打線を引っ張ってくれれば、他球団に負けない攻撃ができるでしょう。