[WBC]
キューバに敗れて2位通過 2次ラウンド初戦は台湾と

 第3回WBCは6日、1次ラウンドで日本代表がキューバ代表に3-6で敗れ、2勝1敗でA組2位通過となった。日本は中盤まで毎回走者を出しながら、あと1本が出ず、ホームが遠い。逆に3回にヤスマニー・トマスのソロで先制を許すと、その後も小刻みに失点を重ね、最終回の反撃も及ばなかった。日本は8日から東京ドームで始まる2次ラウンドで、台湾代表と対戦する。

◇A組
不調の坂本、5番起用も4タコ(ヤフオクドーム)
日本代表     3 = 000000003
キューバ代表   6 = 00110103×
(日)●大隣-田中-沢村-森福-今村
(キ)○ペレス-ゲバラ-カスティーヨ-N・ゴンサレス-イグレシアス
本塁打 (キ)トマス1号ソロ、A・デスパイネ1号3ラン

<試合レポート>

結果出ず、内容も悪い巨人勢

 お互いに1次ラウンド突破が決まっている、いわば“消化試合”である。勝敗はさほど大きな問題ではない。ただ、単なる1敗以上に、侍ジャパンにとっては2次ラウンドへ不安を抱かせる試合だった。

 まず、試合前からアクシデントが起こった。ブラジル戦、中国戦と3番を任されていた内川聖一が腰の張りを訴え、大事をとって欠場した。ここまでチームトップタイの打率.429を記録していたヒットメーカーの不在により、日本は3番にDHで井端弘和を起用する苦しいオーダーとなった。

 最初のチャンスをつかんだのは日本だ。2回、糸井嘉男、中田翔の日本ハム勢がベテラン左腕のウィルベル・ペレスから連打で一、二塁と得点機をつくる。だが、今大会無安打の稲葉篤紀がレフトフライ、打撃好調の9番・松田宣浩も空振り三振に倒れ、先制点を奪えない。3回も先頭の長野久義が四球を選んだが、続く松井稼頭央が送りバントを失敗して走者を進められなかった。

 こうなると得てして流れを手放してしまうものだ。その裏、1、2回とパーフェクトピッチングを続けてきた先発・大隣憲司が痛恨の一発を浴びる。先頭のトマスにスライダーを左中間スタンドへ運ばれた。1-0とキューバが先制する。

 日本には何度も点が取れる機会があった。4回には2死から稲葉の今大会初ヒットが飛び出して一、二塁とチャンスを広げるも、松田が2打席連続の空振り三振。6回には再び日本ハム勢の糸井と中田が出塁したが、前の打席でようやく快音が聞かれた稲葉がピッチャーゴロで最悪のゲッツーに倒れた。

 あと1本が出ないことに加え、打線が機能不全に陥っている大きな原因が、長野、坂本勇人の巨人勢の不振だ。この日は長野を1番、坂本を5番に入れるオーダーで臨んだものの、長野は最初の4打席は四球ひとつでノーヒット、坂本は4タコに終わった。3試合を終えての坂本の成績は12打数1安打。単にヒットが生まれないだけでなく、タイミングの合っていない三振や凡打が目立ち、内容が悪い。

 山本浩二監督は、阿部慎之助、長野、坂本をセンターラインに据えてチームを編成してきた。結果が出ずとも起用し続けているのは復調のきっかけをつかんでほしいとの思いがあるのだろう。ただ、いよいよ決戦となる2次ラウンドでは決断を迫られる場面が出てくるかもしれない。