[裏方NAVI]
花谷遊雲子(管理栄養士)<前編>「マーメイドジャパン、新たな挑戦」

和やかな雰囲気の中で的確なアドバイスをする

 昨年のロンドン五輪、シンクロナイズドスイミング日本代表はデュエット、チームともに5位という結果に終わった。正式種目となったロサンゼルス五輪以来、初めてメダルなしという事態に、今後への不安の声も少なくない。だが、日本のシンクロは今、大きな転換期を迎えている。そんな中、今回のロンドン五輪、日本代表は新たな挑戦をしていた。その挑戦を身体づくりの面からサポートしてきたひとりが、管理栄養士・花谷遊雲子である。

 従来、シンクロナイズドスイミングの代表選手にとって1日に必要な摂取カロリーは、4000~5000キロカロリー、浮力も必要であることを考えられた体脂肪率は20~22%とされてきた。そこには、日本の戦略があったのだ。小柄な日本人選手は、手足の長い外国人選手と比較すると、どうしても見劣りしてしまう。そこで、少しでも体積を増やそうと、大きな身体づくりが行なわれてきたのだ。輝かしい日本のシンクロの歴史は、こうした土台づくりも重要な役割を果たしてきた。

 だが、世界の潮流はパワフルさに加え、俊敏さや高さをより追求したパフォーマンスへと向かっている。世界の頂点に君臨するロシアを見れば一目瞭然だろう。そこで北京五輪後、1日に必要な摂取カロリーは3500キロカロリー前後、体脂肪率の目標値は16~19%にまで落とし、従来とは異なるシャープな身体づくりに着手した。俊敏さとジャンプ力に必要な筋力のアップを求めたのだ。だが、その道のりは決して平たんではなかった。