ドクターZは知っている

安倍政権を陰で支える「裏方」の正体

2013年03月10日(日) ドクターZ
週刊現代
upperline
(PHOTO:菅義偉氏 gettyimages)

 ロケットスタートに成功した安倍政権が、その後も順調に政権運営を続けている。ここのところの政権は通常国会が始まると閣僚の失言などで立ち往生し、国民の支持を失うことが多かったが、安倍政権はいまのところその気配すらない。政権支持率は昨年より順調に上がり続けて、各調査ともに70%程度。これ以上の高水準は望めないというレベルにまで膨れ上がっている。

 もちろん民主党政権があまりにデタラメだったということの〝裏返し効果〟があるだろう。アベノミクスが奏功し、円安・株高で財界が歓迎ムードになっていることも高支持率の背景といえる。ただ、安倍政権が安定飛行できているのには、ほかにもワケがある。官房長官・菅義偉の存在である。

 同氏は安倍晋三首相の盟友で、派閥は違えど7年前の第一次安倍政権の誕生に奔走して政権の立て役者となった人物。第一次安倍政権時に総務相として安倍政権を全面的にバックアップしたうえ、第一次安倍政権が終わった後も安倍氏を支え続けた。

 安倍氏は前回の「首相就任時」と「首相退陣後」で天国と地獄を見たはずだ。ある経済人が言っていたが、財界のトップクラスにいたときに自社の不祥事・業績不振があり、失意のうちにその座を去らざるを得なくなった。その人はそれまでの交友関係を清算せざるを得なくなり、持っていた住所録をすべて破棄した。それからどん底の時に助けてくれる人とだけつきあうようになったという。

 安倍氏も同じような境遇であっただろう。そして地獄を見たときに、支えてくれた人が本当に信頼できる人だと思ったはずだ。そもそも官邸人事の要は官房長官であり、このような信頼できる人物をこの要職に就けたことが奏功している。

次ページ  たとえば、今回の「日銀人事」…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事