2013.03.07(Thu)

地方に元気がある国は魅力的。宮崎をはじめ、九州の魅力を全国に伝える役割を担っていきたいんです。

スカイネットアジア航空 髙橋洋

週刊現代
  • print
  • rss
  • 筆者プロフィール&コラム概要
『ソラシド エア』のブランド名で東京(羽田)~宮崎・熊本・鹿児島便などを運航する『スカイネットアジア航空』。'97年に「東京~九州各地を1万円で結ぼう」と宮崎の有志が設立した。同社の黒字を定着させ、新造機を追加導入するなど活気づけているのが、2年前に社長に就任した髙橋洋氏(58歳)だ。

地方に元気がある国は魅力的。 宮崎をはじめ、九州の魅力を全国に伝える役割を担っていきたいんです。たかはし・ひろし/'54年岐阜県生まれ。'77年に東京大学法学部卒業後、日本開発銀行(現・株式会社日本政策投資銀行)入行。'92年~同行フランクフルト駐在員、'01年より同行プロジェクトファイナンス部長。その後、環境・エネルギー部長、人事部長などを経て'07年に同行理事就任。'11年6月より現職

来んね宮崎

 弊社に着任するまで、宮崎には出張で何度か来たことがあるだけでした。しかし、住んでみて驚いた。まず、野菜がおいしい。思わずサラダを3杯おかわりしてしまいました。昭和期、新婚旅行先として賑わっただけあって気候もいい。夏は日射しが強いのに、朝晩はしっかり冷え込み過ごしやすい。年間を通して日照時間も長く、雨が一日中降ることがほとんどない。すると、人の心も明るくなる。見知らぬ高校生とすれ違っても、おはようございます! と挨拶してくれるんですよ。名物も、宮崎牛、鶏の炭火焼き、新鮮なカツオのたたき、日向夏・・・・・・(以下10分)。

自信

 宮崎の悩みは、これらの魅力がまだまだ県外に知られていないことです。先日イベントで招いた有名シェフが、宮崎の鶏卵を食べ「すばらしい!」と感動しているのに、作り手側は「そんなものかな?」という表情をされていました。私ならずとも「作り手がもっと売り込めばいいのに」と思いますよね。しかし、人はきっと自信がもてた時に初めて動くんです。そこで弊社は宮崎をはじめ九州の魅力を全国に伝える役割を担いたい。さらには、日本全体を盛り上げたい。海外に行っても、地方に元気がある国って魅力的じゃないですか。

宣伝上手

 だから、この機会に言わせてください。東国原前知事が宮崎マンゴーの知名度を全国区にしましたが、宮崎の魅力はそれだけじゃありませんよ。観光名所なら、イザナキノミコトが黄泉の国のけがれを清めるため身を洗った禊池、天孫降臨の地・高千穂、ユネスコ・エコパークに指定された自然美しい綾町など、挙げればきりがありません。宿泊も、温泉やリゾートホテルなどすばらしい施設が多く・・・・・・(以下数十分)

1
nextpage

経営戦略 一覧ページへ

媒体最新記事一覧