経済の死角

スクープレポート
北朝鮮金体制を転覆せよ
アメリカはCIAを送り込んだ

2013年03月04日(月) 週刊現代
週刊現代
upperline

 オバマ大統領と安倍首相が、首脳会談で多くの時間を割いて話し合った北朝鮮問題。だがオバマ大統領が安倍首相に話していないことがあった。それは、CIAが極秘で進めている金正恩の除去—。

長官はすでに覚悟を決めた

 2月22日、米ホワイトハウス。2期目のオバマ政権が発足して初の海外からの賓客として迎えられた安倍晋三首相は、ランチを挟んで、オバマ大統領との日米首脳会談に臨んだ。

 2月12日に3度目の核実験を強行した北朝鮮に対する対応が、この日の日米首脳会談の主要議題だった。安倍首相は、オバマ大統領が提起した新たな国連安保理による対北朝鮮制裁案に、しっかりと肯いた。そこには、北朝鮮籍船に対する臨検や、北朝鮮系企業との銀行取引の停止といった本格的な制裁内容が羅列されていた。

「日本としては、あくまでもアメリカと足並みを揃えながら、北朝鮮に対して強いメッセージを送っていきたいと考えております」

 安倍首相はそう言って、オバマ大統領に恭順の意を示したのだった。

 だがこの日、オバマ大統領が北朝鮮への対応に関して、安倍首相に相談していない重要事項が、一つあった。

 ワシントン政治を30年以上にわたって研究している国際ジャーナリストの堀田佳男氏が語る。

「それはCIA(米中央情報局)による金正恩第一書記の暗殺です。北朝鮮は昨年末の長距離弾道ミサイル実験と、この2月の核実験によって、すでにアメリカまで到達する核弾頭を保持している可能性がある。ということは、アメリカにとって喫緊のリスクとなったわけです。そのような独裁国家の指導者は、当然ながらCIAの暗殺の対象になります」

 堀田氏によれば、CIAが金正恩暗殺を狙うのは、CIA内部の事情とも関係しているという。

「昨年11月にペトレアス前長官がセックス・スキャンダルで失脚し、CIAに激震が走りました。この1月、オバマ大統領は後任に、〝暗殺王〟の異名を取るジョン・ブレナン前大統領補佐官を送り込んだのです。'11年にパキスタンでビンラディンを暗殺した時も、ブレナン補佐官が暗殺部隊の実質の統括者でした。

次ページ    ブレナン新長官のCIA内…
1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事