[WBC]
中国に勝って連勝、打線は6安打止まり

 第3回WBCは3日、1次ラウンドで日本代表が中国代表に5ー2と勝利し、連勝を収めた。日本は先発の前田健太が5回1安打無失点の好投。5人の投手リレーで中国打線を最終回の2点に抑えた。攻撃では1点リードの5回、糸井嘉男の走者一掃の3点タイムリーなどで突き放した。日本は2次ラウンド進出に大きく前進し、6日にキューバ代表と対戦する。

◇A組
中田、先制打含む2安打(ヤフオクドーム)
中国代表      2 = 000000002
日本代表      5 = 01004000×
(中)●羅夏-朱大衛-陳坤-揚海帆-李師-呂建剛
(日)○前田-内海-涌井-沢村-山口

<二宮清純観戦コメント>

打線のキーマンは内川と糸井

 勝ったとはいえ、中国相手に6安打5得点。国際試合とはこういうものですが、追加点をあげた5回に、今回の侍ジャパンのひとつのかたちがみえました。この回、1死一、三塁の場面で3番・内川聖一がライトへのタイムリー。なおも1死満塁で5番・糸井嘉男がセンターオーバーの走者一掃となる2塁打を放ちました。

 この2人に共通しているのは、配球を読むより、来た球に反応して打つバッターという点です。この2試合で7打数3安打と当たっている内川はレフト前、センター前、ライト前と3本とも異なる方向に打っています。これは来た球に逆らわず、反射的にバットを出している証でしょう。

 WBCでは球数制限もあり、特徴が分からないピッチャーが次から次へと出てきます。普段のリーグ戦のように配球を読んで対応するのは容易ではありません。また国際大会はストライクゾーンも日本とは違います。打てるボールがきたら、追い込まれる前に打つことです。 

 その点、内川、糸井のような“即時対応型”は国際大会で結果を残しやすいタイプと言えるでしょう。以前、内川は「審判がつくるストライクゾーンに従う必要はない。たとえボール球でも自分の打てるゾーンであればヒットになる」と語っていました。現に内川は前回大会でも活躍しており、国際試合に向いていることは実証済みです。

 今後も、この2人は打線のキーマンになるはずです。3番・内川、5番・糸井という打順はできれば今後も固定すべきでしょう。4番の阿部慎之助が、まだコンディションが上がっていないことを考えれば、次のキューバ戦でも2人のバットが勝利のカギを握っています。