[WBC]
初戦はブラジルに辛勝、8回に逆転

 第3回WBCが2日、開幕し、1次ラウンドの初戦で日本代表がブラジル代表に5ー3と逆転勝ちを収めた。日本は先発の田中将大が初回に失点するなど波に乗れず、終盤までリードを許す苦しい展開。しかし、8回、代打・井端弘和の同点タイムリーから、ようやく打線がつながり、試合をひっくり返した。日本は3日に中国代表と対戦する。

◇A組
田中、杉内、攝津が揃って失点(ヤフオクドーム)
日本代表     5 = 001100030
ブラジル代表    3 = 100110000
(日) 田中-杉内-○攝津-能見-S牧田
(ブ) フェルナンデス-ゴウベア-●仲尾次-コンドウ-ノリス

<二宮清純観戦コメント>

困った時のセンター返し

 決勝打となった阿部慎之助のセカンドゴロは初球をセンター前にはじき返したものでした。おそらく打席に入る前からセンター返しを狙っていたのでしょう。ここぞという時には、きっちりセンター返しができる。これが一流の証明です。

 思い起こせば前回大会の決勝、優勝を決めたイチローの一打もセンター前ヒットでした。今日のブラジル戦でも先発のラファエル・フェルナンデスからの初ヒットは坂本勇人のセンター前。そして8回の松田宣浩の5点目のタイムリーもセンター返しでした。

 終盤までビハインドを背負った初戦、センター返しが活路を開きました。これは打線に大きな教訓を与えたはずです。

 過去のWBCでも日本は決して順風満帆の戦いで頂点にたどり着いたわけではありません。第1回大会では2次リーグ敗退濃厚の崖っぷちから勝ち上がりました。前回も2次ラウンドで韓国に敗れ、もう1敗も許されない状況からの逆襲でした。

 今回もタイトロープを渡るような戦いが続くことでしょう。こうした苦しい試合を乗り越えることで、チームに接戦の“免疫”がつき、少々のことでは動じなくなるのです。困った時のセンター返し――原点の大切さを確認する意味でも、価値ある苦戦だったと言えるでしょう。