[ボクシング]
杉浦大介「“最強王者”メイウェザーの落日は迫っているのか」

 5月4日、ラスベガスMGMグランドガーデン・アリーナ
 WBC世界ウェルター級王座統一戦
王者 フロイド・メイウェザー(43勝(26KO)0敗)
vs.
暫定王者 ロバート・ゲレーロ(31勝(18KO)1敗1分)

万全の状態なら圧倒的有利

長く王座に君臨してきたメイウェザーにも衰えが忍び寄っているのか。

“現役最強ボクサー”の呼称を欲しいままにしてきた無敗の5階級制覇王者、フロイド・メイウェザーの次戦が正式決定した。5月4日、場所はメイウェザーにとって本拠地と呼んでいいラスベガスのMGMグランドガーデンで、対戦相手は現WBC世界ウェルター級暫定王者ロバート・ゲレーロ。昨年5月にミゲール・コットに判定勝ちしてから、メイウェザーにとってちょうど1年ぶりのリング登場ということになる。

「ロバートはアウトボクシングができて、パンチ力もある。打たれ強さも備えている。メイウェザーに勝つ大きなチャンスがあるよ」

 この一戦の共同プロモートを担当するゴールデンボーイ・プロモーションズのリチャード・シェイファー社長が語る通り、暫定タイトルも含めれば4階級制覇してきたゲレーロは侮れない相手ではある。

 2006年にIBF世界フェザー級王座を獲得したゲレーロは、徐々に階級を上げ続け、昨年からウェルター級戦線に参入。7月には23戦無敗のウェルター級コンテンダーだったセルクック・アイディン、11月には元王者アンドレ・バートを連破して真価を証明してきた。

 それでも本来であれば、やはりメイウェザーの圧倒的有利は動かし難いカードなのだろう。タフで技術の下地もあるゲレーロだが、攻防のスムーズさには欠ける。ポイントを確実に奪う上手さも、一発で流れを掌握するほどのパンチングパワーも不足気味。何より、長く中量級戦線の看板であり続けてきたメイウェザーと比べ、ビッグファイトでの実績で圧倒的に劣っている。

 順当に行けば、スピードで大きく上回るメイウェザーが中盤あたりまでにはペースを掴むはず。2011年9月のビクター・オルティス戦ほど一方的な流れにはならないにしても、スキルを生かして徐々にポイントをピックアップしていく試合展開が有力ではないか。