[サッカー]
大野俊三「Jリーグ開幕、本命は広島!」

 いよいよ3月2日、Jリーグが開幕します。今季は1993年にJリーグがスタートしてちょうど20年目の節目です。昨季のJ1では終盤まで優勝争いが続いたように、メモリアルシーズンも熱い戦いを期待しましょう。

広島がスーパー杯でみせた強さ

 今季の優勝候補の筆頭は、昨季の覇者・サンフレッチェ広島と見ています。26日の富士ゼロックス・スーパー杯では攻撃力の高い柏レイソルを完封しました。監督、選手などの陣容は昨季から大きく変わらず、守りの要だった森脇良太(現浦和)が抜けても大幅な戦力ダウンは感じられなかったですね。キャンプを通じて既存選手の底上げなども行えたのではないでしょうか。

 スーパー杯の試合を少し振り返ってみると、広島はチーム内の約束事が明確で、選手たちがそれを忠実にこなしていました。特に、攻撃時にDFラインの選手が前線までオーバーラップしていくことを意識していたように感じます。DFが流れの中で攻撃参加すると、相手の守備陣にとっての“予想外”を誘発する効果があるのです。

 わかりやすかったのが得点シーンでしょう。左サイドからのクロスに反応したのは、センターバックの水本裕貴でした。昨季まではワントップで小柄なFW佐藤寿人くらいしかゴール前に入っていかなかった場面です。ここに高さのある水本が入り込む“予想外”が生じたことで、柏のDFは彼の存在を意識せざるを得なくなりました。それはすなわち、佐藤に対するマークが緩くなったことを意味します。結果、水本が頭で後ろに逸らしたボールを佐藤がボレーで合わせることができました。もし、ゴール前に佐藤ひとりしかいなかったとすれば、柏のDFに難なくクリアされていたでしょう。

 広島はDFがただ高い位置でプレーしていたわけではありません。水本などDFラインの選手が攻め上がった時は、ボランチの選手がしっかりとカバーに入っていました。当たり前のように行っていたように映りますが、異なるポジションのカバーに入ることは意外と難しいものです。広島の強みは、攻撃参加などで空いたポジションを守りに残った選手たちが補えること。選手が流動的に動いても崩れない組織ができあがってきています。

 広島以外でも、ベガルタ仙台や柏はチーム構成に大きな変化は見られません。イチからチームづくりを始めなくても良かったわけですから、これらのクラブは開幕から安定した戦いができるでしょう。

 昨季3位の浦和レッズも前年の主力をベースに、森脇やFW興梠慎三など、即戦力の選手をうまく補強しました。興梠もチームにフィットしているようです。彼が加入することで、前へのスピードは確実にアップします。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が志向する攻撃的なサッカーがより洗練されるのは、見る側としては楽しみですね。