[プロ野球]
上田哲之「一流へのハードル ~中田翔と堂林翔太~」

 ここ数年、一番注目してきた打者は、中田翔(北海道日本ハム)ということになると思う。何よりも大阪桐蔭高校時代、1年生で出場した夏の甲子園が鮮烈だった。今よりも、顔も体も細かった。しかし、腰からお尻にかけては、見事なほどにふくらみがあった。つまりは、下半身の力を使ってプレーしていたということだろう。

 投手としてはストレートが140キロを優に超え、打者としてはホームラン。今年、同じ日本ハムに入団した大谷翔平が騒がれるまでは、中田こそが投と打の二刀流を夢見させてくれる高校球児だった。結局、プロ入り後は打者一本できたけれども、レフトからのバックホームを見ると、傷めたヒジも完治し、再び投げられるのではないか、と思ってしまう(もちろん、今からそんな半端なことはしない方がいいに決まっているが)。

 中田が大成したのは、結局、昨年ということになるのだろうか。1年間、4番で起用され、前半戦は不振をきわめたが、後半、結果を残してリーグ優勝に貢献した。誰もが知ることである。大きな転機になったのは、例のガニ股打法から、ステップする打法に変えたことである。彼は、本質的にステップして打つ打者である。

 ただ、昨年は後半に入っても、見ていてどこか違和感があった。このステップは、本当にタイミングが合っているのだろうか、微妙にズレてはいないか……。それでも抜群のパワーで打てている、ということなのではないか。つまり、中田の打法がこれで一応の完成に至ったとは、どうしても思えなかったのである。