[障害者スポーツ]
伊藤数子「新たな“デュアルキャリア”」モデル」

 NPO法人STANDが配信している「モバチュウ」では、2010年から毎年11月に行なわれている全日本視覚障害者柔道選手権大会を生中継しています。初めて中継をした10年、私はある選手と出会いました。その選手は、会場のあちこちでひと際大きな声を出しており、会場に入った時から、私は気になって気になって仕方ありませんでした。タイミングよく、さまざまな選手を鼓舞する姿から発せられるエネルギーが、会場全体を活気づけているように感じられたのです。それは、まるで火山から噴き出るマグマのように、燃えたぎっていたのです。それが、今回紹介する初瀬勇輔さん。北京パラリンピック視覚障害者柔道90キロ代表選手です。

“絶望”を“希望”にかえた柔道

 初瀬さんが視覚に障害をもったのは、大学受験に失敗した、浪人中のことでした。緑内障を患い、右目がほとんど見えなくなってしまったのです。それは、まさに突然の出来事でした。それまで普通に見えていたのに、どんどん視界が狭くなっていったのです。翌年に右目の手術をし、そして翌々年、3浪した末にようやく大学入学を果たしました。ところが、大学2年の時に左目の視力もほとんど失ってしまったのです。

 ちょうどその頃、前年に行なわれたアテネパラリンピックの映像をテレビで観た初瀬さんは、視覚障害者柔道の存在を知りました。彼は、もともと中学、高校と柔道をしていました。高校2年時には長崎県大会で3位に入り、3年時には県の強化選手にも選ばれたほどの実力の持ち主でした。当時は藁をもつかむ気持ちで、柔道を再び始めたのです。しばらく畳から離れていたとはいえ、彼の実力が発揮されるのにそう時間はかかりませんでした。初めての実戦となった、全日本視覚障害者柔道大会では90キロ級で見事優勝し、翌年にフランスで行なわれたIBSA柔道世界選手権の代表選手となったのです。

 それが初瀬さんの転機となりました。ちょうどその年は、20回記念大会ということで、会場には皇太子さまが来られており、優勝者は皇太子さまとお話することができたのです。この時、初瀬さんはあまりの緊張に、皇太子さまとどんな言葉を交わしたのか、まったく記憶にありません。しかし、自分の心が晴れやかになっていったことだけは、はっきりと覚えていると言います。

「これまでは自分はただの視覚障害の大学生だと思っていました。ところが、皇太子さまとお話をすることができた。その時に『あぁ、自分は本当に日本の代表になったんだなぁ』と実感したんです。『こんな自分でも生きていく場所があるんだ』と“絶望”が“希望”に変わっていくのが自分でもはっきりとわかりました。僕の新しい人生がスタートしているんだ、と思ったんです」

 その後、希望していた障害者就労をサポートする会社に就職も果たした初瀬さんが初めてパラリンピックに出場したのは、視覚障害者柔道を始めて3年後の08年。07年10月の全日本選手権大会で優勝し、同年12月に日本代表に内定したのです。すると、この時から会社からの全面的なバックアップが始まりました。遠征費やトレーニングなどにかかる費用の負担や就業時間の短縮など、パラリンピックに向けた環境を整えてくれたのです。

「パラリンピックに関心を示さない企業がたくさんある中、僕の会社では社内報でも紹介してくれたりして、会社が気持ちよく送り出してくれました。本当に嬉しかったですね。もちろん、金銭面や環境面での支援もありがたかったのですが、何よりも精神的な支えが一番大きかったです。『僕にはこんなにたくさん応援してくれる人がいるんだ』と思えたことが、自信になりました」