[WBC]
阿部欠場も巨人に勝利 打線は12安打

 WBCに臨む日本代表の強化試合が28日、福岡ヤフオク!ドームで行われ、巨人と対戦した。日本は主将で4番だった阿部慎之助が右ヒザに違和感を訴えて欠場。4番に糸井嘉男を入れる新オーダーで試合に臨んだ。不安視された打線は、不調だった1番・坂本勇人が4安打を放つなどつながり、6点をあげる。投手陣はソロホームランによる1失点に抑え、本番前最後の実戦を白星で締めくくった。

代役マスクの相川も2安打(ヤフオクドーム)
日本代表      6 = 001012020
巨人        1 = 100000000
(日) ○大隣-森福-沢村-山口-牧田
(巨) 高木京-●福田-笠原-今村-西村-アコスタ
本塁打 (巨)矢野ソロ

大きい1番・坂本の復調

 4番、キャッチャー、主将の不在が、むしろカンフル剤となったのではないか。3安打無得点に終わった阪神戦から打順を組み替え、2試合ぶりの2ケタ安打。「打線がつながったのは大きい」と山本浩二監督も一安心だ。阿部の状態は気がかりだが、チームとしては悪くないかたちで本番に突入する。

 阿部の欠場に伴い、オーダーは大きく変わった。キャッチャーには相川が座り、8番。4番には糸井が昇格し、2番には好調の角中勝也が入った。

 打線が機能したのはトップバッター坂本に当たりが戻ったことが大きい。ここまで対外試合では11打数1安打だった右バッターは初回、初球を叩いてセンター前へ。「結果がほしいと思っていた」と明かす切り込み隊長が波に乗る。

 5回の第3打席では一塁に松田宣浩を置いて、カウント1-1からベンチがエンドランを仕掛けた。坂本はアウトローへ落ちるボールにくらいつき、センターへ運んだ。チャンスを拡大した日本は続く角中勝也のゲッツー崩れの間に1点を勝ち越す。

 さらに6回は2死満塁の場面で打席へ。逆球で内に入ったボールを逃さず叩き、三塁線を破る。リードを広げる2点タイムリーとなった。8回も1死一、二塁から、ボールに逆らわずライト前へ運び、5打数4安打の大当たり。これまでの試合では長野久義、坂本と1番に起用した打者が機能してなかっただけに明るい材料ができた。