[裏方NAVI]
山口義彦(グリーンキーパー)<後編>「FIFA、中田英、ベンゲル……世界に認められたピッチ」

「ボールが普通に転がること」――これがグリーンキーパー山口義彦の理想の芝生である。その山口にとって、今でも忘れられない言葉がある。それが2001年のコンフェデレーションズ杯での中田英寿のコメントだ。当時、アジア初のサッカーW杯日韓大会を1年後に控え、山口たちは世界の舞台にふさわしいピッチにするべく、試行錯誤の日々が続いていた。そんな中、当時日本代表のエースからの何気ないひと言が山口に大きな自信を与えたのだ。

 01年6月7日、翌年に迫ったW杯のプレ大会として行なわれたコンフェデレーションズ杯、日本と豪州との準決勝が日産スタジアムで行なわれた。その日はあいにくの天気だった。試合前から空は厚い雲に覆われ、キックオフとほぼ同時に豪雨に見舞われた。横浜地方気象台からは大雨洪水警報が発令されるほど激しい雨がピッチ上をたたきつけていた。

 大粒の雨で選手たちの視界は非常に悪く、敵と味方を見分けるのも一苦労という状態だった。普通であれば、ピッチが水浸しとなり、ボールが転がらずに途中で中断せざるを得ない状況であり、誰しもそうなるであろうと考えていたことは想像に難くない。だが、試合は滞りなく行なわれ、いっさいの中断なく終了のホイッスルが吹き鳴らされたのだ。なぜか。それはピッチに水たまりがほとんどできず、ボールが転がり続けていたからだ。

 試合終了後、中田はピッチの状態についてこう述べた。
「視界はほとんどきかなかったけど、ボールは普通に転がっていましたよ」
 その言葉を耳にした山口の心は、どしゃぶりの雨とは裏腹に晴れやかだった。
「本当に何でもない言葉ですが、僕には自分たちがメンテナンスをしてきた芝生を称賛してくれていたように受け取れたんです」