オリンピック・レスリング除外にみる「政治的な駆け引き」、照準を的確に撃破する火器管制レーダーで戦争を仕掛けた中国 ほか

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.008 「くにまるジャパン」発言録より
【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.008 目次】
―第1部― インテリジェンス・レポート
 ■分析メモ(No.18) 「「森喜朗元首相とプーチン露大統領の会談」」
 ■分析メモ(No.19)「ロシアにおける隕石落下爆発事故」
―第2部― 読書ノート
 ■「1956年ソ日共同宣言の真実の意味」『極東の諸問題』
 ■沢木耕太郎『キャパの十字架』
 ■小倉和夫『秘録・日韓1兆円資金』
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録
―第5部― 佐藤優さんの今後の予定(3月上旬まで)

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録

(前の番組のパーソナリティ吉田照美の話を受けて、BGMに『トロイカ』が流れる)

野村邦丸(以下邦丸): ロシアの切ない民話。父と息子がテーブルについていた。父が息子に言った。「息子よ、酔っ払うということは、どういうことかわかるか。ここにあるウォッカの2本のビンが3本、4本に見えたら、その時お前は酔っぱらっているんだ、なあ、息子」「父さん、ウォッカのビン、1本だけだよ」・・・・・・・・・


佐藤優(以下佐藤): ロシアでよく使われる典型的なジョークですね。

(中略)

佐藤: ところで今、『トロイカ』の曲が流れたでしょ。日本では明るい感じの曲だと思われているでしょ。これ、ロシアでは「ぼやき歌」なの。

伊藤: ぼやきなんですか。

邦丸: 『トロイカ』が?

佐藤: トロイカのムチを打ちながら、おじいさんが「タタール人のやつに息子を奴隷に盗られてなあ」と、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ずーっと言っているんで、テンポもうーんと遅い歌なんですよ。だからこれを歌っていると、ロシア人がみんな下を向いて暗くなってくるんです。

邦丸: そうなんですか。

佐藤: ぜんぜん日本とは印象が違う。

・・・(略)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら