[WBC]
再び打線沈黙、阪神に零封負け

 WBCに臨む日本代表の強化試合が26日、京セラドーム大阪で行われ、阪神と対戦した。2日前のオーストラリア戦では13安打10得点と打線が爆発した日本だが、この日は一転して音なし。散発の3安打に終わり、17日の広島戦に続いて零封負けを喫した。日本は1次ラウンドの地、福岡に渡り、28日に巨人と最後の強化試合を実施する。

投手陣は5安打1失点と順調(京セラドーム)
日本代表      0 = 000000000
阪神        1 = 00001000×
(日) 内海-●涌井-森福-攝津-今村
(阪) メッセンジャー-○白仁田-川崎-S伊藤和

心配な4番・阿部の状態

 開幕を4日前に控えて、貧打線に再び逆戻りだ。先発のランディ・メッセンジャーを除けば1軍の当落線上にいるピッチャーたちの手玉にとられて、ヒットはわずかに3本。1番から5番の上位打線に快音が聞かれず、得点の雰囲気がほとんど感じられなかった。

 スタメンは腰の張りを訴えた松井稼頭央を鳥谷敬に代えた以外は、24日のオーストラリア戦と同じメンバーで臨んだ。しかし、その鳥谷は同僚の前に4打数0安打で2三振に倒れる。突破口を開いてほしいトップバッターの坂本勇人も3タコで本来の打撃ができていない。

 そして最も心配なのは4番を務める阿部慎之助だ。この日もセカンドゴロ、レフトフライ、ピッチャーゴロと打たされた打席が目立つ。これで対外試合では12打数1安打。その1本も内野安打だ。

 キャッチャーは対戦相手の情報分析にも忙しく、さらに主将としての重圧もかかる。山本浩二監督は阿部の4番にこだわっているが、国際大会を勝つ上で聖域は不要だ。本番のさまざまな事態を考慮して、阿部を他の打順で起用する、またはDHで打撃に専念させるというプランも検討すべきだろう。