スポーツ

大谷翔平 その恐るべき身体能力
日ハムのトレーニングコーチは見た!
日本のプロ野球史上最高です

2013年02月27日(水) 週刊現代
週刊現代

 野球に限らず、あらゆるスポーツにおいて大きな体躯は「才能」として捉えられがちだが、それを本人が使いこなせなければ、ただ邪魔になる恐れもある。だが大谷は、高すぎる身長もひとつの「利点」にすることができていると中垣は言うのだ。

 では実際、大谷の身体は、「打つ・投げる」の両面で、どのように機能しているのだろう。

 前出の加藤投手コーチは、キャッチボールでの一連の動作から、大谷に「投手として無限の可能性を感じた」と話す。

「キャッチボールの相手をして、『コイツはまだまだ伸びるな』と思いましたよ。モノが違う。普通、あれだけリーチが長いと、上半身の動きが力任せになってしまうものなのですが、大谷は指先まで非常に柔らかく使う。持ち前の柔らかさを、見事に投球に生かしていて、スピードだけでなく、『うまい投手』になれる素材だと思いました」

全身のバネを使いこなす

 一方、「打者・大谷」の指導にあたる田中幸雄二軍打撃コーチが、大谷の凄みに触れたのは、打撃練習中のことだった。

「キャンプが始まってすぐの頃、僕がバッティングピッチャーとして大谷に放った時に、『振り遅れているな』と思ったんです。

 でもそれは間違いだった。次の瞬間見事にボールを捉えて、ヒット性の打球を放ったんです。要はスイングスピードが、こちらの想定より数段速いものだから、遅れて見えていたんです。非常に無駄なくスムーズにバットが出ているんでしょうね。あれならリーチの長い腕も持て余すことがない。まあそんな高校生、ほかに知りませんよね」

 笑顔でそう話す田中は、かつての日本ハムの4番であり、2000本打者である。その田中は大谷の将来像を、

「打率もよくホームランも打てる、最高のバッターになるんじゃないですか。その可能性は十分にある。打撃に関しては、もしかしたら糸井(嘉男・オリックス)に匹敵するだけのモノがある」

 と、「球界最高の身体能力」と称される男になぞらえて語った。

 すでに「打つ・投げる」の両面で高い能力を発揮している大谷だが、その要因としてもう一つ中垣が挙げるのが、「バネ」だ。

「強いバネを持っているというのは、アスリートにとって最も重要なことと言っていい。バネが強ければ強いほど、つま先や指先といった身体の末端で発揮されるスピードやパワーを大きくすることができるわけですからね。

previous page
2
nextpage


Special Feature
最新号のご紹介