スポーツ

大谷翔平 その恐るべき身体能力
日ハムのトレーニングコーチは見た!
日本のプロ野球史上最高です

2013年02月27日(水) 週刊現代
週刊現代

 プロ野球春季キャンプ。その主役の一人、「二刀流」に挑む男は、投げれば客を呼び、打てばプロOBたちを唸らせる。日々可能性を広げていく、唯一無二の肉体。その秘密を現役コーチたちが明かした。

関節の構造が違う

「とにかく柔らかい動きをしますよね。関節の可動域が広いと、それだけ身体をくまなく使えますからね」

 日本ハムの中垣征一郎二軍トレーニングコーチは、二軍キャンプの初日、はじめて生で見た大谷翔平の身体能力に目を見張った。

 大谷は手の甲を腰に当てた状態で、両ヒジを真正面に向けることができる。一度試してみると、大谷の驚異的な肩関節の「柔らかさ」を実感していただけると思う。

 日本ハムの二軍投手コーチ・加藤武治も、その柔軟性に驚かされた一人だ。

「肩だけでなく、大谷はヒジを含めた腕、上半身、そして股関節が非常に柔らかい。将来的には15~17勝は優にこなしてほしい素材ですよね」

 大谷はいま、沖縄県国頭村「くにがみ球場」で練習に励んでいる。彼が挑戦を始めた「二刀流」という夢。その前代未聞の試みに、日本ハムもチームを挙げて挑んでいる。

 前出の中垣コーチが、日本ハムに復帰したのは、今季からだ。彼は'04年から日本ハムのトレーナーを務め、昨年レンジャーズに移籍したダルビッシュ有に懇願され、1年間専属トレーナーとして同行していた。大谷の入団に合わせるかのように今季古巣に復帰した彼は、「大谷二刀流計画」に、中心人物として深くかかわっている。

 中垣が絶賛するのは、大谷の身体の柔らかさだけにとどまらない。

「大谷は、身のこなしが素晴らしいんですよ。あの長身が、まったく窮屈に見えない。打つ・投げるという動作を見なくても、跳んだり走ったりしている姿だけで、彼が非凡であることは一目瞭然です」

 大谷の身長は193cm。プロ野球選手の平均身長(180・7cm)と比べても約12cmも高いことになる。

 中垣が続ける。

「背が高いということは、それだけ身体の中心から頭の先、指の先までの距離が遠いということになりますよね。すると背の低い人と比べて、高い人はその分身体を思い通りに動かすことが困難になる。ところが大谷は、あの長身をまったく苦にせず、細かなプレーも実に緻密にこなすことができている。ともすれば持て余してしまうほどの長身を、非常に的確に動かせているわけです」

1
nextpage


Special Feature
最新号のご紹介