[プロ野球]
佐野慈紀「優勝へ、開幕ダッシュを目指す阪神」

 1日に12球団一斉にスタートしたプロ野球のキャンプが終わり、23日からはオープン戦が始まりました。WBCで主力選手が抜けている球団もあり、逆に言えば、例年以上に若手にはチャンスが与えられるオープン戦となることでしょう。3月29日の開幕に向けて、各球団がどんな戦い方を見せてくれるのか。そして、どんな選手が台頭してくるのか。シーズンを占う意味でも、今年もオープン戦が楽しみです。

 さて、私は10日から阪神のキャンプを視察してきました。毎年のように訪れていますが、これまでで最も活気のあるキャンプだったような気がします。若手が多かったこともあり、声も大きく出ていましたし、動きも軽快で仕上がり具合も例年以上に早いように見えました。

評判通りの好投手・藤浪

 今年のキャンプ、阪神で一番の注目と言えば、やはりルーキーの藤浪晋太郎でしょう。昨年、甲子園で投げる姿をテレビで何度も観ましたが、長い腕をしならせて、うまく投げているという印象でした。果たして、実際はどんなピッチングをするのか、キャンプで見るのを非常に楽しみにしていました。

 生で見た感想はというと、やはりイメージ通りの素晴らしいボールを投げていました。特に印象に残ったのはストレートとカットボールです。しっかりと指にかかった時のストレートは、プロの一軍でも通用するほどの球威があり、テレビで観た通り。そして甲子園で冴えわたっていたカットボールも右打者のアウトコースに決まり、キレ、コントロールともに申し分ありません。あとは逆サイド、つまり右打者のインコースや、打者の胸元を突くといった、横にも縦にもコントロールの幅が広がると、さらにいいですね。

 藤浪は、ブルペン練習の最後に必ず3球、アウトローにストレートを投げていました。普通は「ラスト1球!」と言いながら、思うところに決まらず、実際に終えるには2、3球投げるということがよくあります。しかし、藤浪はしっかりと「ラストボール」を決めていました。その姿ひとつとっても評判通り、高卒ルーキーとしてはひとつ、ふたつ上のレベルのピッチャーだなと感じました。

 とはいえ、課題がないわけではありません。一番の課題は、疲労がたまるとボールが抜けてしまうということです。その原因は体の使い方にあります。キャンプの終盤によく見受けられたのですが、疲労で下半身が使えなくなってくると、上半身頼りとなってしまうのです。そうすると、腕が最短距離で出ずに遠回りになるために腕が遅れて出てくる。リリースポイントが早くなり、ボールが抜けてしまうのです。

 上半身で投げる場合、たいていのピッチャーは体を開くことで体を回転させてリリースポイントが早くならないようにします。ところが、絶対にしてはいけないと思っているのでしょう、藤浪の体は開きません。しかし、体を開かないように我慢したまま投げようとしているために、体が回転しないままの無理な体勢となり、腕が遠回りになってボールを放す位置も早くなっているのです。ボールが抜けるのは、それが原因です。常に下半身主導のピッチングができるように、これから鍛えていく必要があります。