[WBC]
新打順で10得点 オーストラリアに快勝

 WBCに臨む日本代表の壮行試合が24日、京セラドーム大阪で行われ、前日に続き、オーストラリア代表と対戦した。この日の日本は打順の組み替えが当たり、初回に2点を先行すると、13安打10得点。投げては先発の前田健太が3ランを浴びたものの、以降は継投で無失点に抑え、快勝した。日本は今度は26日に阪神と強化試合を実施する。

2番・松井、逆転打含む4打点(京セラドーム)
日本代表     10 = 200302030
オーストラリア代表 3 = 003000000
(オ) ローランドスミス-●サール-ソーポルド-タナー-リンゼイ-ワイズ
(日) 前田-○沢村-森福-攝津-今村-山口
本塁打 (オ)ヒューズ3ラン

つながり生んだベテラン松井の働き

 2試合で7安打と不安視された打線が、3試合目でようやくつながった。山本浩二監督はこの試合、1番に坂本勇人、2番に松井稼頭央、3番に内川聖一、5番に長野久義を入れる新オーダーを組んだ。さらに8番には角中勝也を起用した。

 この打順を“打線”に変えたのは新たにスタメンに入れた松井と角中だろう。松井は初回、四球で歩いた坂本を、きっちりと送り、得点圏へ走者を進めた。ここで3番に打順が上がった内川がセンター前へはじき返すタイムリー。侍ジャパンが幸先よく1点を先制する。

 さらに内川がスチールを決めて二塁を奪えば、長野が詰まりながらもライト前へ運び、ホームへ迎え入れる。これまでは見られなかった機動力も駆使し、立ち上がりから攻撃が機能した。

 2-3と逆転を許した直後の4回には、1死から中田翔がヒットで出塁したところを、角中がバットを短く持ってライトへ引っ張り、チャンスを拡大する。相手のエラーもあって2死満塁となり、打席に入ったのは松井。37歳のベテランは低めに落ちる変化球をうまくすくい上げると、打球はライトの右へ飛んだ。走者一掃のタイムリー三塁打。5-3と再逆転を果たし、ベンチは大いに沸いた。

 6回には角中がまたもライトへのヒットでチャンスをつくる。オーストラリアの内野守備の乱れで一、三塁と走者が得点圏へ進み、迎えた坂本がしっかり犠牲フライをあげた。さらに二塁へ走者を置いて、松井が2打席連続のタイムリー。7-3とリードを広げ、試合の流れを完全にモノにした。

 8回にも3点を追加し、終わってみれば2ケタ安打の2ケタ得点。スタメンでは9番の松田宣浩を除き、全員がヒットを放った。松井は2安打4打点。角中は2安打1四球で3度出塁し、いずれも得点につながった。また新3番の内川が3安打3打点と中軸の役割を果たし、広島戦、前日のオーストラリア戦と快音が聞かれなかった坂本にもようやく1本が出た。

「打順を替えた打者が仕事をした」と試合後の山本浩二監督もホッとした様子だ。攻撃は水物とはいえ、犠打や盗塁が効果的に得点につながり、日本らしいかたちがみえてきた。