[WBC]
相川、逆転3ラン オーストラリアに苦戦も勝利

 3月のWBCに臨む日本代表の壮行試合が23日、京セラドーム大阪で行われ、オーストラリア代表と対戦した。20日の代表発表後、初の実戦となった日本は、初回に先発・田中将大が2点を失う展開。攻撃も7回までわずか1安打無得点に抑えられ、苦戦を強いられた。しかし8回、途中出場の相川亮二が起死回生の逆転3ラン。本番に向けた代表チームが結成されて初白星をあげた。24日もオーストラリア代表と壮行試合を実施する。

オーストラリア代表 2 = 200000000
日本代表     3 = 00000003×
(オ) オクスプリング-ルジック-ブライト-T.ケネリー-ラッセル-●ケント-ウィリアムズ
(日) 田中-杉内-○能見-S牧田
本塁打 (日)相川3ラン

「つなごう」の一心が一発に

 重苦しい空気を振り払う一発だった。2点ビハインドの8回、この試合、初めての連打で1死一、二塁。相川は「なんとかつなごう」の一心で打席に入った。

 しかし左腕のスティーブン・ケントの制球が定まらず、カウントは3-1。「真っすぐ一本。ヘンなバッティングだけはしないように意識していた」と語る36歳は、甘く入ったストレートをしっかりと振りぬいた。打球は放物線を描いてレフトスタンドへ。その瞬間、沈みがちだったベンチは全員が立ち上がり、ひとつになった。

 わずか3安打で0-7と完敗を喫した広島戦から6日、2次ラウンドで対戦する可能性もある相手に、7回までは沈滞ムードが漂っていた。広島戦と同じ打順で臨んだものの、先発の元阪神クリス・オフスプリングから次々と代わるオーストラリア投手陣に、なかなか快音が聞かれない。

 4回までに出したランナーは相手のエラーによる2人のみ。5回には9番・松田宣浩がヒットで出塁し、1死一、二塁のチャンスをつくるも、3番・坂本勇人、4番・阿部慎之助が倒れた。

 ここまで結果が出ないと、各打者からは明らかに焦りの色が見える。7回には先頭の松田が四球を選ぶも、1番の長野久義がボール球に手を出してサードゴロ。相手投手は続く鳥谷敬は四球を与え、ストライクをとるのに汲々としていた。ところが、坂本はタイミングが合わないまま、慌てて初球に手を出し、力のないセカンドゴロに終わる。打線がまったく機能せず、広島戦から続いたゼロ行進は止まりそうになかった。

 そんな中、口火を切ったのは野手最年少の中田翔だ。8回、広島戦では音なしだった若き主砲がレフト前ヒットで出塁すると、37歳の井端弘和がセオリー通りの右打ちで一、二塁間を破る。「初球で狙い通りのバッティングをしてくれた」と山本浩二監督も評価した一打で、相川の一撃を呼び込んだ。