「藤浪は現時点で開幕ローテやろ」
「西岡は甲子園では守備がアカンわ」
元監督岡田彰布が本音診断
「阪神は馬なりで3位目指せるやろ」

充実のキャンプ視察を行った岡田氏。話題を集める日ハム・大谷の二刀流については「絶対にバッターに専念するべき。そもそも、お客さんを呼ぶのはバッターやで」と持論を展開

「藤浪(晋太郎)なぁ、やっぱエエよ。ホンマにエエ。今回、初めて生で見たけど、力の入れ方もボールの伸びもエエ。去年の春のセンバツからまだ10ヵ月やろ。これだけ劇的に良くなった18歳なんて他に知らんよ。具体的な魅力? とにかくタマに力がある。それに尽きるわ。高3の甲子園で春夏連覇してるけど、春は大谷(翔平、日本ハム)のほうが評価が上やったんと違うかな。まぁ、まだまだ荒削りやったよ。ところが4ヵ月たって夏になったら見違えた。ぎこちなくてバラバラやったフォームがスムーズになってたんでビックリしたわ。去年の春しか知らん人が今の藤浪を見たらビックリやで。数段上の状態やな。俺が阪神にいた時に井川(慶)や藤川(球児)が入ってきたけど、完成度が全然違う。比較にならんくらいや」

 こう熱っぽく語るのは、阪神の春季キャンプ(沖縄県宜野座村)を視察中の岡田彰布元監督(55)だ。阪神で二軍監督を4年、一軍監督を5年歴任した筋金入りの〝虎将〟に今季の新戦力について尋ねると、飛び出すのは黄金ルーキー・藤浪への賛辞ばかりだった。

―細身なので、体力面の不安が指摘されています。

「でもな、ピッチャーとして最高の体型をしてると思うで。上背があって手も長い。これは持って生まれたもんやな。まだ現時点で華奢に見えるんは、しゃあないよ。井川も藤川もだんだんプロの体になっていったんや。自然と体は大きくなるから、周りがガヤガヤ言ってもしゃあない。練習してたら腹が減るんやから、そら、だんだん大きくなるよ」

―岡田さんが監督だったら、どのような起用法を考えますか?

「そら、あのボール見たらローテに入れなしゃあないよ。それぐらいの力がある。能見(篤史)、岩田(稔)、メッセンジャー、スタンリッジの次くらいやないか。ということは、5~6番手くらいの力があるってことよ。