[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「新人・田村は広島・野村を目標に」

完成度高い右腕の又吉

 新チームでの練習が始まり、約3週間。新人を含めた多くの選手が順調にトレーニングを重ねています。昨季はリーグ優勝こそできましたが、BCリーグ王者・新潟アルビレックスBCとの独立リーググランドチャンピオンシップでは3連敗を喫しました。その悔しさがあるのでしょう。どの選手も体がしっかりできている状態で、いいスタートを切れました。

 新人選手も最初の1週間を別メニューで体力づくりにあて、いい動きをみせています。2人のルーキー投手も出来がよく、オープン戦での登板が楽しみです。特に沖縄出身の又吉克樹(西原高-IPU環太平洋大)は予想以上のピッチングをみせ、西田真二監督も高く評価しています。

 彼は右のサイドハンドながら144キロの速球を投げ、フォームに躍動感があります。単にボールが速いだけでなく制球力があり、自滅しないタイプです。野球への取り組みも素晴らしく、さらなる成長を感じさせます。ピッチャーとしての完成度は、チームの中でもトップレベルでしょう。

 投げるのが大好きな選手ですから、まずは実戦で力試しをした上で、できれば先発で経験を積ませたい逸材です。アピール次第では、このオフにドラフト指名を受けることも十分に可能だとみてます。ぜひ、皆さんも又吉の名前を覚えておいてください。

 もうひとりの右腕、田村雅樹(土庄高-中部大)もコントロールが良く、球筋がきれいなピッチャーです。器用なタイプで、こちらのアドバイスをどんどん吸収していきます。まだ球速は140キロ強と右のオーバーハンドとしては物足りないため、いかに力強さを身につけるかが香川での課題です。

 田村にはぜひ目標としてほしいピッチャーがいます。それは広島の野村祐輔。彼は177センチと大きな体ではありませんが、非常にどっしりとした下半身をしています。下からの力をうまく上体から指先へ伝え、コントロールよく、かつキレのあるボールを投げているのです。

 田村も176センチと背格好は野村と似ています。しかし、上体に頼って投げているため、体全体の力をうまくボールに乗せられていません。これが昨年のNPB新人王との大きな違いです。本人にも既に「野村を目指せ」と話をしていますから、この1年間でどのくらい変わるか注目してみていきたいと思っています。