岩崎元郎 第3回 「山に登るときはいつも、『頼む、便秘になってくれ』と祈っているんですが・・・」

撮影:立木義浩

第2回はこちらをご覧ください。

シマジ 岩崎先生、どこまでお話ししましたか。

セオ 登山中トイレはどうするのか、とシマジさんが岩崎先生に訊かれたところで、ネスプレッソ・ブレーク・タイムが入りました。

立木 そんな上品なものじゃなかったぞ。もしシマジが山に登ってウンチをしたくなったら、どうすればいいんですか、と岩崎先生に訊いていたんじゃないか。たしか先生は「それは大変難しい問題ですね」とおっしゃって、セオがブレーク・タイムを入れたんだよ。

セオ はい、はい。思い出しました。シマジさんはスカトロジーにも一家言ある人だから話が長くなるので、この辺で一息入れたほうがいいのでは、という立木先生のアドバイスに、ぼくが従ったのでした。

シマジ フン切れの悪い終わりかたをしたもんだ。

立木 いや、フン切れがよかったんじゃないか。今回は長講一席、シマジのスカトロジー話を聞こうじゃないか。

シマジ いや、いや。おれの話ではなく、岩崎先生たちがじっさい山を登っているとき、大のほうを催したらどうしているのか、お訊きしたいんですよ。