[ボクシング]
杉浦大介「チャーリー太田、再びニューヨークのリングへ」

結果と内容が求められる一戦

チャーリーにとって重要な一戦が間近に迫っている(左はジムの中屋廣隆会長、右は中屋一生プロモーター)。 Photo by Naoki Fukuda

 元日本スーパーウェルター級王者、現東洋太平洋同級王者のチャーリー太田にとって、約1年ぶりとなる故郷ニューヨークでの試合が決まった。

 2月21日、マンハッタンのローズランド・ボールルームでチャーリーが迎え撃つのは、元アマのアラスカ王者アベル・ペリー。身長180cm、リーチ198cmという恵まれた体格のペリーは、アマ戦績84勝6敗と豊富な実績を誇る。しかし、34歳にしてプロ戦績は18勝(9KO)6敗ともうひとつで、すでに底を見せた選手であるのは確かだろう。

 1年前と同様、勝敗のみならず、チャーリーにとっては内容が問われる一戦となる。戦場にするのはウェルター級、スーパーウェルター級という世界的に層の厚い階級だけに、力試しのチャンスはそう何度も訪れないはず。母国アメリカでの2度目の試合は、分かりやすい形での結果が求められる重要な一戦である。

 1981年にニューヨークで生まれたチャーリーは、2001年に米海軍の艦船整備士として横須賀基地に赴任。除隊後の2004年に日本人女性と結婚し、今でも東京の八王子市に住み続けている。

 日本でボクシングを始めると、2006年には全日本社会人選手権で優勝。プロデビュー後、2010年に日本&東洋太平洋の王座を獲得し、東洋太平洋王座は6度も防衛してきた。その過程で世界ランキング入りも果たし、昨年3月には、ついに故郷ニューヨークで初めての試合を行なうに至った。

 マディソンスクウェア・ガーデン・シアターで行なわれた一戦では、ガンドリック・キングに7ラウンドTKO勝ち。“聖地”と呼ばれる舞台で初登場にして、見事にストップ勝ちを収めたことは評価されてよい。