[BCリーグ]
信濃・岡本哲司監督「“ゴール”と“道筋”の明確化」

「野球を広げたい」

 今季より信濃グランセローズの監督に就任した岡本哲司です。私は昨年10月、臨時コーチとして約1カ月間、信濃の選手を指導しました。その後、球団から正式にオファーをいただいたのですが、監督を引き受けた理由は、「自分がやりたいことがここにはある」とやりがいを感じたこと、そしてそれが球団の考えと一致したことでした。

「やりたいこと」とは、「野球を広げたい」ということです。私がこれまで現役として、また指導者として培ってきたものを選手のみならず、野球指導者や子どもたちにも広く発信し、底辺拡大を図っていきたいと思っているのです。もちろん、逆に私の方が教わることもあるでしょう。お互いに吸収し合うことで、野球の輪を広げていけたらと思っています。

 指導者として大事なことは選手たちに“道”をつくってあげるということ。それは野球人としてのみならず、ゆくゆくは社会人としての“道”です。それが指導者の一番の役割だと思っています。もちろん、プロですから結果が求められます。信濃には、6球団で唯一経験のない“優勝”という結果が求められていますから、それが大きな目標であることは間違いありません。しかし、優勝という目標は通過点のひとつであり、真のゴールはその先にあります。つまり、優勝を目指した末に何を得たのか、そしてどう成長したのか。指導者はそこまで見ないといけないのです。

 そして、自分では最高のプロセスを踏ませたつもりでも、結果を出すことができない場合もあります。“結果が全て”とよく言われますが、確かにそうなのです。結果が出ていないのに、「この指導法はいい」とは言えません。大事なのは、結果を受け止め、プロセスを見直すこと。結果とは受け止めるためにあるものなのです。