「日本は第2の鎖国状態にある」
三木谷浩史・楽天会長兼社長インタビュー
(前編)

田原 いま大変な不況なんですが、楽天は去年の売上利益は前年に比べてどうでしたか?

木谷 おおむね20%増です。

田原 20%増!? 利益も? 売り上げも?

三木谷 はい。

田原 すごいじゃないですか。

三木谷 もっといけたんですけどね。ネットサービス事業分野だと、売上で30%増、営業利益で40%増です。

田原 ほとんどの会社は減益ですよね? その中でそんなに増益というのは、どこが違うんでしょうね? ネットビジネスと普通のビジネスは。

三木谷 ひとつは、やっぱりお客さんに対して天動説か地動説かという話でいえば、今までのビジネスというのは天動説です。

田原 そうか、客が来いっていうわけね。

三木谷 今までのビジネスは、要するに自分の施設がある、それをどうするか、持っているものをどうするかということだと思うんです。
  けれども、インターネットビジネスというのは、巨大なサーバーこそ持ってますが、いろいろ転用の利くものですし、世の中の流れ、技術の流れ、消費の流れというものを見ながら、サービスをものすごく細かくアジャストしていってるんですよね。
  われわれのインターネットショピングモール「楽天市場」では、新しい機能が毎日のように次々にリリースされていくわけですよね。そのスピード感と顧客のニーズに対する適応力というのが、そもそも違うんですよね、構造的に。リアルビジネスとネットビジネスというのは。

田原 なるほど。お客さんのニーズにどんどん応えられる、変われるわけだ。

三木谷 そうです。そこが一番違う。

ヤフーと楽天の違い

田原 よくね、三木谷さんはグループ流通総額が1兆円になったら辞めるとおっしゃってた。

三木谷 そうですね。

田原 今どれくらい?

三木谷 グループで、カードなど全部入れるとおよそ2兆円です(笑)。

田原 とっくに超えちゃったわけだ。

三木谷 今年は「楽天市場」だけで1兆円行くか行かないかです。

田原 ついに1兆円超えちゃった。

三木谷 「楽天市場」と「楽天トラベル」の流通総額の合算でいうと、もう1兆2千億円くらい行ってるんです。

田原 すごいなあ。今楽天は世界では何位ですか?

三木谷 数え方によるんですけど、時価総額で言うと9番目です。

田原 日本では一番でしょう?

三木谷 いえいえ、ヤフー・ジャパンです。

田原 ヤフーと楽天はどこが違うんですか?

三木谷 楽天はeコマースを中核にしてトラベルや金融ビジネスなどを加えて、ユーザーに対してワンストップでサービスを提供するという楽天経済圏というのが基本スタンスです。ヤフーというのはどちらかというとメディア的な色彩が強いんです。メディアを中心にしている。総合商業施設とテレビ局の差かな、と思うんですけど。

田原 そうか、楽天はテレビ局のようなサービスはないわけですね。

三木谷 一応あるんですけど、割合が低いんです。弱いと言ってもいいですね、正直言って。

田原 国際戦略は当然持ってらっしゃる?

三木谷 はい。

田原 どういうふうに?

三木谷 当社の基幹事業であるEC事業では、すでに台湾、タイにおいてサービスを開始しています。アメリカでは、ネットの広告会社を傘下におさめています。今年中にEC事業で累計10カ国に進出する計画です。

田原 なんで中国は入ってないんですか?

三木谷 もちろん入っています。すでに今年の1月に百度という中国最大のサーチエンジンの会社との合弁設立を発表しました。中国では百度はグーグルより全然上なんです。

田原 提携ですか?

三木谷 ジョイントベンチャーです。51%が楽天で49%が百度。

田原 51%が楽天? それを中国で。

三木谷 そうです。うちの場合は、お客さんが来る店舗がある。たくさんお客さんが来て、売れるから店が集まる、店が集まるからお客さんが来て売れる。そのサイクルにどうやって入るかが課題なわけですよ。今回は、相手側は検索NO.1の会社だから、巨大なトラフィックを持ってる、巨大なメディアを持ってる会社ですから、そこからお客さんが来てくれる。

田原 なるほど。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら