[裏方NAVI]
山口義彦(グリーンキーパー)<前編>「知られざるピッチづくりの苦闘」

 あれからもう10年の月日が流れた。アジア初のサッカーW杯、日韓大会である。日本サッカー界にとって歴史的1ページを刻んだ大会、そのフィナーレを飾った決勝の舞台に選ばれたのが日産スタジアム(横浜国際競技場)だ。収容人数7万2327人という規模のみならず、Jリーグ「ベストピッチ賞」4度受賞のグラウンドの美しさ、コンディションは国内随一といっても過言ではなく、FIFAや海外選手からも称賛の声が多く聞かれる。だが、ここまでに至るには大変な苦労を要した。そこにはグリーンキーパーの陰の努力、そして芝生を守るための闘いの日々があった。

「ブラジルの選手が『日産スタジアムの芝生は良かった』と言ってたって、新聞記事に書いてあったよ」
 W杯閉幕から数日経ったある日、山口義彦の元に友人から1通のメールが届いた。山口は、そのメールの内容に救われた気持ちがしたという。
「世界に認められたのかな、と思えたんです」
 実は、W杯終了後、山口の心には怒りにも似た悔しさだけが残っていた。

 2002年6月30日。日産スタジアムではブラジルとドイツの決勝が行なわれた。結果は、2-0でブラジルが勝利。サッカー王国が2大会ぶり5度目の王者となった。フィナーレを迎え、歓喜に沸くスタジアム内は、“スポーツの祭典”そのものだった。だが、山口はその余韻に浸ることはできなかった。数時間前の出来事が、彼の表情を曇らせていたのだ。

 事の発端は前日にあった。決勝前に行なわれたクロージング・セレモニーでは、女性シンガーのアナスタシアがテーマ曲を歌い、それに合わせてバックダンサーたちが踊ることになっていた。聞けば、バックダンサーたちはピッチの芝生の上で踊るという。それを伝え聞いた山口は「勘弁してくれ!」と声を荒げた。決勝で最高の舞台を作り出すために、なんとか芝生をいい状態にと丹念にメンテナンスを行なってきたのだ。その最も大事な試合の前に、ピッチを荒らされることはグリーンキーパーとしては絶対に避けたかったのである。

 一見、喧嘩ともとれる交渉の末に、バックダンサーはピッチの外で踊ることが了承され、リハーサルもその通りに行なわれた。ところが、である。翌日の本番、バックダンサーたちは遠慮のかけらもなくドカドカとピッチに入り、激しいダンスを繰り広げたのだ。
「えっ!? ウソだろ! 昨日のリハーサルはいったい……」
 山口は目の前で繰り広げられた光景に、目を丸くした。
「約束が違うじゃないか!」
 いくら怒鳴ったところで、もうどうすることもできなかった。

 数時間後、決勝を終え、4年に1度のサッカーの祭典が終わりを告げた。その時、山口にあったのは達成感ではなく、脱力感だったという。怒りを無理やりに押し殺した末の感情だったのだろう。だからこそ、ブラジル選手の芝生への称賛の言葉は、山口の心に染みたのではないか。あれから10年。誰にも知られることのない舞台裏での闘いも、今では思い出のひとつとなっている。