[裏方NAVI]
坂田清治(フィギュアスケート研磨職人)<後編>「キム・ヨナの躍進支えた確かな技術」

 2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子。最大のライバルだった浅田真央を退け、歴代最高の総合得点で金メダルに輝いたのがキム・ヨナ(韓国)だ。来年に開催されるソチ五輪でも、金メダル候補に挙がっている。彼女が一躍世界のトップスケーターとして世界にその名が知られるようになったのは、2006年12月、ロシアで行なわれたグランプリファイナルだろう。ショートプログラムで3位だった彼女は、フリーで浅田、安藤美姫を逆転し、初優勝。バンクーバーの金メダル候補に躍り出たのだ。研磨職人・坂田清治がキム・ヨナに初めて会ったのは、その約1カ月前のことだった。彼女が坂田を訪ねて来日したのである。そのワケとは――。

研磨技師としての信念

「この靴を見て欲しいんです!」
 坂田の腕を聞きつけてやってきた小柄な16歳の少女は、坂田の前に1足のスケート靴を差し出した。フリップがうまく跳べなくなってしまったのだという。靴を手に取って見ると、坂田はすぐにその原因がわかった。
「靴がねじれているからですよ。このねじれを直せば、フリップも跳べるようになりますよ」

 当然、キム・ヨナはねじれの修正を坂田に依頼した。だが、坂田は反対したという。1カ月後にグランプリファイナルが控えていたからだ。
「一流選手はほんのわずかな感覚の違いを嫌って、靴ヒモひとつでも替えたくないものなんです。それを一番大事な土台である靴の形を変えるというんですからね。さらに彼女はブレードまで研いでほしいと。僕は『やめた方がいい』と反対しましたよ」

 だが、キム・ヨナは「どうしてもやってほしい」の一点張り。全く後に引かない様子に、とうとう坂田は折れた。
「わかりました、やりましょう。ただし、責任は負いかねますよ」
 そう条件を出し、引き受けた。

 翌日、キム・ヨナは、坂田に直してもらった靴で早速、近くのリンクで滑りを確認したという。きっと、そこで彼女は坂田の技術の高さに感動したのだろう。その日からNHK杯のために長野入りしていた坂田をわざわざ訪ね、「とっても良かったです。今後もよろしくお願いします」とお礼を言ってから韓国へと帰って行ったのだ。

 1カ月後のグランプリファイナルで、キム・ヨナは見事金メダルに輝き、世界のトップスケーターの仲間入りを果たした。表彰台で彼女の右隣に立っていたのは、前年女王の浅田だった。その姿に坂田は少し複雑な思いを感じていた。

「実はキム・ヨナは私を訪ねてくる前に、何度かメールを送ってきているんです。しかし、私はインストラクターとしての仕事もやっていましたから、日本人選手のメンテナンスだけで手いっぱいでした。ですから、『申し訳ないが、とてもあなたの靴をメンテナンスする余裕はありません』と断っていました。しかし、それでも彼女は『どうしてもやってほしい』と日本にまで来たんです。日本人選手のライバルに手を貸すべきではない、という意見の人もいると思いますが、しかし私はプロです。プロである以上、私を頼ってきた選手には国籍関係なく、でき得ることをやってあげなけれいけない。もちろん、日本人選手には勝って欲しいと思いますよ。でも、やはりプロとしての信念は譲れません」