[裏方NAVI]
坂田清治(フィギュアスケート研磨職人)<前編>「世界のトップ選手が信頼を寄せる匠の技」

「裏方NAVI」では、世界で活躍するアスリートたちを支える人たちにスポットライトを当て、知られざる専門知識や巧みな技に迫ります。今回は、フィギュアスケートの国際大会を陰で支えている坂田清治氏。選手たちのパフォーマンスに欠かすことのできないフィギュアスケート靴を矯正し、ブレード(刃)のエッジを100分の1ミリ単位で各選手に適した形状に研磨する職人だ。

 2010年バンクーバー五輪のメダリストである高橋大輔(銅)や浅田真央(銀)に加え、羽生結弦、村上佳菜子といった若手が台頭するなど、男女ともに群雄割拠の時代を迎えている日本のフィギュアスケート界。1年後のソチ五輪での活躍に期待を寄せる声も膨らんでいる。選手たちの美しく、高度なパフォーマンスを支えているのは、コーチや振付師、トレーナーだけではない。氷上で共に戦うパートナーとも言うべきスケート靴、そのメンテナンスを引き受けている坂田もそのひとりだ。

フィギュアは感覚の競技

「先生! すみませんが、急いで見てもらえますか?」
 取材終盤、大きな箱が4つ運び込まれた。入っていたのは、フィギュアスケート靴だ。
「佳菜子ちゃんからなんですけど、今度の全日本選手権(2012年12月)に履くかもしれないので、この中から選んでほしいそうなんです」
 

 なんと、運び込まれたのは、今や世界のトップ選手となった村上佳菜子のスケート靴だった。
「これとこれだな」
 それぞれの靴を箱から取り出し、チェックした坂田は、迷うことなく2つの靴を指さした。素人の目からは、どこに違いがあるのか皆目見当がつかないほどの微妙な違いを、彼は手に乗せただけで見抜いてしまったのだ。これぞ、匠の為せる技である。

「フィギュアスケートは感覚の競技」と言う坂田。そのため、ささいな変化にも選手たちは敏感に反応する。例えば、靴ひもだ。日本人で初めて4回転ジャンプを成功させた本田武史はこう語っている。
「靴ひもは滑っていくうちに、少しずつ伸びていくんです。選手の中にはその伸びた感じがいいという人が結構多い。逆に新しいひもは締まりが良すぎて、嫌う選手は少なくありません」

 靴ひもと言えば、記憶に新しいのがバンクーバー五輪での織田信成だ。演技の途中で、靴ひもが切れてしまい、中断してしまったのだ。もともと切れていた靴ひもを結び、つなげていたという。周囲から見れば「なぜ、新しいひもにしなかったのか」と疑問に思うが、織田はいつもの感覚を失いたくなかったのだろう。

写真1:フィギュアスケート靴に付けられるブレード

 その靴ひも以上に、ささいな感覚のズレがパフォーマンスに大きく影響するのが、ブレード(写真1)である。坂田は各選手の身長、体重、レベルはもちろん、気候条件やリンクの氷の硬さを全て考慮し、100分の1ミリ単位で磨き上げる。彼いわく「ブレードを研ぐ人はたくさんいる。でも、正確にきれいに研ぐことのできる人は、世界に5人もいない」。彼が知る限りにおいては、海外にはドイツに1人いるだけだという。