「アベノミクスが正しいというわけではない。政権獲得獲得のタイミングが良かったのだ。」
佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.007 読書ノートより

読書ノート(No.14)

◆ジェラルド・L・カーチス
日本の回転ドア政治を打開するには――重要なのは経済だ

(『フォーリン・アフェアーズ・リポート』2013年1月号 56~58頁)

 去年12月16日の総選挙によって、「日本の政治が右傾化した」という見方について、日本政治専門家として国際的に認知されている米国コロンビア大学のジェラルド・カーチス教授の以下の指摘が興味深い。

<選挙結果が、日本の世論が右傾化している証拠として誤って解釈される可能性があるが、実際にはそうではないと私は思う。

 政治家の立場が右へとシフトしているのは事実かもしれないが、そうした保守派は昔から存在する。例えば、戦時に東条政権の商工大臣を務め、戦後は自民党内の中道右派勢力の指導者だった安倍の祖父である岸信介はそうした保守派だった。

 世論はそこまでは右傾化していない。だが、政治家の志向は明らかに右寄りへとシフトしている>・・・・・(以下メルマガでご覧いただけます)

このテーマについて深く知るための「連読」3冊
・民主党『絶対的敗北』に反射する自民党『相対的大勝利』―有権者は何を『選んだ』のか」
 著:柿崎明二 『世界』 2013年2月号
・「日本の政治」 著:京極純一 東京大学出版会 1983年
・「村山富市回想録」 著:薬師寺克行 岩波書店 2012年
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら