[サッカー]
田崎健太「里内猛が描く日本の未来図Vol.4」

~ジーコ、オシム、関塚を支えたフィジコ~
CRフラメンゴのスタジアム。老朽化は進んでいるものの、環境は整っていた

 早く一人前のフィジカルコーチになりたい――里内はそればかり考えていた。トレーニングの勉強会があれば足を運び、参考になりそうな本やビデオテープを片っ端から手に入れた。ある時、ヨーロッパにいいビデオがあると聞き、取り寄せてみると日本のビデオデッキでは再生できないPALシステムだった。どうしても見たいので、PALシステムを再生できるマルチシステムのビデオデッキを購入した。ビデオデッキは約30万円――会社員の里内にとっては、痛い出費だった。それでも知識欲の方が勝った。

ジーコが何よりの教材

 だが、何よりの教材は同じチームにいるジーコだった。ジーコは来日してすぐの頃、「どうして日本はこんなに休みが多いんだ」とぼやいた。ブラジルでは、州リーグ、全国リーグ、全国カップ戦に加えてリベルタドーレス杯などの国際試合もある。一方、住友金属の所属する日本サッカーリーグ(JSL)は、基本的には仕事の合間にサッカーをする実業団リーグであり、当然試合数は限られていた。

 ジーコは89年に一度現役を引退し、90年から1年4ヶ月の間、ブラジルのスポーツ庁長官を務めていた。趣味としてのサッカーは続けていたものの、トップリーグでプレーするにはトレーニングが必要だった。

「今日時間はあるか?」
 ある日、里内はジーコからこう声を掛けられて一緒にグラウンドを走り、腹筋運動を手伝った。ウエイトトレーニングもやりたいというので工場の敷地内にある社員用のジムに連れて行った。するとジーコは「ここでは駄目だ」と首を横に振った。ジムにあったのは、重りで負荷を変える古いトレーニングマシンだった。「このマシンだと筋力を傷つける可能性がある。もっと細かく負荷を変えられるマシンでないと使えない」という。

「里内、自転車のチューブならあるだろ?」
 ジーコは里内が探してきた古いチューブでトレーニングを始めた。ジーコとの会話は最初は身振り手振りを交えてのものだった。そのうちに里内はポルトガル語の辞書を買い、言葉を少しずつ覚えていった。

 育ってきた環境、バックグラウンドが違えど、人の心は伝わるものだ。ある日、「これを読んでみろ」と小冊子を渡された。ブラジルサッカー協会が使用しているトレーニング本だった。里内は辞書を引きながら読み進めていった。そのおかげもあり、里内は次第にジーコの話すポルトガル語が理解できるようになっていった。