[柔道]
近藤隆夫「パワハラ防止へ代表選考システムをシンプルに!」

体罰以上に厄介なパワハラ

 男女で程度の差こそあれ、柔道において指導の名のもとに暴力が存在するのは周知のことだった。トップレベルに限った話ではない。大学の体育会、高校の部活動レベルでも、指導者から殴られた経験を持つ者は少なくないはずである。

 もう25年以上も前の話になるが、私も高校時代、柔道部に所属していた。だが、上級生からはともかく、師範から殴られたことは1度もなかった。それはたいして強くはない柔道部だったからであり、同時に師範も「強豪校にしたい」などとはまったく考えていなかったからだろう。

 たいして強くはない学校だったが、それでも運良く東京・三多摩地区の団体戦トーナメントで上位に勝ち上がることはあった。ベスト8あたりまで進むと、相手は強豪校。先鋒から大将まで誰も相手校の選手に歯が立たず、0-5のストレート負けを喫してしまう。

「お前たち、今日はよく、ここまで頑張った」

 私の学校の師範は私たちに、そう声をかけてくれる。ところが、そのすぐそばで、私たちに圧勝した強豪校の選手たちは指導者からビンタを喰らっていた。
「あんなヤツらに手こずってるんじゃねぇ!」

 私は「まいったなぁ」「立場ないなぁ」という感じで仲間たちと顔を見合わせるしかなかった。他にも試合会場という公の場で選手が指導者から殴られているシーンを数多く見た。練習時にも体罰が行われていたことは想像に難くない。

 今回、女子柔道の指導現場における暴力・暴言行為が表面化したが、私はさほど驚かなかった。むしろ気になったのは、その行為の陰にパワーハラスメントが存在していたことである。これは早急に解決されなければならない。

 トップクラスの選手たちは、五輪代表になりたい、世界選手権に出場したい……そんな夢を持って日々、稽古に励んでいる。だから暴力や中傷的言動を浴びても我慢しなければいけない……と。これは体罰以上に問題だと私は思う。