[アイランドリーグ]
愛媛・星野おさむ監督「元日本ハム・金森、復活への道」

「状態は70%」もほぼ問題なし

 1月21日から新チームでの練習がスタートしました。今季の愛媛はドラフトで6名の選手を獲得。またNPB復帰を目指し、西川雅人(元オリックス)、金森敬之(元北海道日本ハム)の2投手が入団します。

 西川はもともと愛媛の選手だったため球団とつながりがありましたが、金森は自ら「もう1度、独立リーグでやり直したい」と話がありました。彼は昨春、ひじの手術を受け、1年間を棒に振っています。「実戦で投げたい」という本人の強い気持ちを買い、採用することになりました。

 本人曰く「今の状態は70%」とのこと。ただ、キャッチボールを見る限り、もうほぼ問題ないように映りました。まずはオープン戦で実戦感覚を取り戻し、開幕からしっかりピッチングができるように調整してくれればと思っています。今季は河原純一(元中日)も含め、3名の元NPB選手が在籍しますが、彼らには自分のことを優先して取り組んでほしいものです。あれこれアドバイスしなくても、自らの姿を見せることが若手には何よりの教材となるでしょう。

宝飾店で働きながらクラブチームで野球を続けていた橋本。

 新人のピッチャーに関しては橋本隼(八千代松陰高-国際武道大-佐久コスモスターズ)が楽しみです。新チームでの練習も張り切って参加しており、オープン戦の早い段階で登板の機会を与えたいと考えています。

 身長170センチと小柄で、優しい顔つきに似合わず、バッターに向かっていく気持ちが強いところが彼の強みです。技術的にもストレートと変化球の腕の振りが変わりません。まだ球速が130キロ台ではありますが、うまく伸ばせば十分に戦力として計算できると期待しています。 

 また18歳の右腕・木村祐太(秀明八千代高)は将来を見据えた獲得です。トライアウトで見た時には体全体に躍動感があり、ストレートに威力がある点が目に留まりました。今回のトライアウトでは小細工をして小さくまとまってしまった選手が多い中、彼は荒削りのままで自分の特徴をアピールしていました。171センチ、69キロとまだNPBを目指す体ではありませんから、まずはフィジカルを強化し、2、3年計画で育成していくプランを立てています。