ライフ
特別対談 佐々木俊尚×島本久美子
一枚の写真が企業の運命を決める時代 【前編】

[左]佐々木俊尚さん(ジャーナリスト)、[右]島本久美子さん(ゲッティ イメージズ ヴァイスプレジデント兼ゲッティ イメージズ ジャパン代表取締役)

誰でも世界中に自分のコンテンツを輸出できる時代

編集部: こんにちは。今回は、ジャーナリストの佐々木俊尚さんと、ゲッティ イメージズ ジャパン代表取締役の島本久美子さんに対談をして頂きます。

 先日、ジャーナリストの大谷和利さんが『成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか 一枚の写真が企業の運命を決める』という本を書かれまして、ビジネスの成功のためには写真や動画といったビジュアル要素が強力な武器になる、とおっしゃっています。この本では、ゲッティ イメージズさんについてもかなりの分量を割き、島本さんやアメリカの本社の経営陣にもインタビューして、ビジュアルを駆使したビジネスの戦略とノウハウを語って頂いています。

 そのように、写真や動画によって、会社も個人もいかにチャンスを掴んで成功を目指すことができるのかという点を中心に、お話を頂ければと思います。

佐々木: この『成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか』という本、面白く読みました。確かに日本企業は「ビジュアルイメージが大事だ」と言いながら、ウェブサイトを見るとお粗末なのが多い。大事にしていないケースが圧倒的に多いと思います。

 ビジュアルも含め、そもそもウェブというのは動的なものですよね。なのに、なぜか日本企業の公式ウェブサイトの大半は、昔の紙の「会社案内」と変わらない。紙をそのままウェブ上に移し替えただけですよ。

 トップページに「社長のメッセージ」があって、次に「商品案内」があって、会社のビルの写真か何かと一緒に「沿革」が書いてあって・・・という。それ以上のものは何もない、というのが大多数の企業でしょう。

 ただし、IRをやらなきゃいけないということで、IRのページだけは妙に充実している。と言っても、PDFで大量にデータが置いてあるだけなんですけど(笑)。