[NBA]
杉浦大介「優勝とMVPの行方は?」

~後半戦見どころ~
ファイナルの舞台に進んでくるのはどのチームか。

 NBAの2012-13年シーズンも後半戦に突入――。すでに全30チームが41戦の折り返し地点を過ぎ、今季の勢力地図がうっすらと見えてきた感もある。

 昨季王者マイアミ・ヒートは2連覇を果たすのか、MVP候補に名乗りを挙げるのは誰か、そして出遅れたロスアンジェルス・レイカーズとボストン・セルティックスはどんな方向に進んでいくのか……など、今回は後半戦の見どころを探っていきたい。

4強の優勝争い

 現地1月31日の時点で、.690以上の勝率を挙げているのはヒート、サンアントニオ・スパーズ、オクラホマシティ・サンダー、ロスアンジェルス・クリッパーズの4チーム。今季の優勝チームは、他を引き離した完成度を誇るこの4強の中から出ると考える関係者が圧倒的に多い。

今季から移籍したレイ・アレンもヒートとレブロンを大いに助けている。

 イースタン・カンファレンスでは昨季王者ヒートが絶対の大本命。今季のヒートは今季は必ずしも絶好調で進んできているわけではないが、いわゆる“栄光の二日酔い(優勝の翌シーズンにペースが落ちること)”は、どの優勝チームにも見られること。その中でもエースのレブロン・ジェームスがこれまで以上に圧倒的なプレ—を見せ続けているだけに、この怪物に引っ張られ、大事な時期に向けてチーム全体が徐々に調子を上げていくのではないか。

 インディアナ・ペイサーズ、シカゴ・ブルズ、ニューヨーク・ニックスなどが、ヒートに続くイースタンの対抗馬。ただ、これらのチームもヒートとの7戦シリーズで勝てるだけの底力を備えているかどうかは極めて微妙である。

 一方のウェスタンでは、老練なスパーズ、上り調子のクリッパーズを振り切り、サンダーが2年連続ファイナル進出を果たせるかどうかが焦点となる。ケビン・デュラント、ラッセル・ウェストブルックを中心とした、ほぼ同じコアメンバーを軸に数年に渡ってプレーしてきたサンダーは、そろそろチーム全体が成熟期を迎えつつあるように思える。

 とはいえ、スパーズもトニー・パーカー、ティム・ダンカン、エマニュエル・ジノビリの“ビッグ3”が元気。クリッパーズも勝負強い魔術師クリス・ポールを擁しているだけに侮れない。“ワイルド・ワイルド・ウエスト”のプレーオフは、今季も実力伯仲の激しい戦いになりそうだ。

 開幕前、筆者は今季ファイナルは昨季と同じヒート対サンダーの顔合わせとなり、サンダーが雪辱を果たすと予想した。現時点でも、その考えを変えるつもりはない。最終決戦でのリマッチは実現するのか、今後の行方に注目が集まる。