[プロ野球]
上田哲之「大谷、外木場、ダルビッシュ」

 今年のプロ野球キャンプの話題は、おそらく北海道日本ハムの大谷翔平が独占することになるのだろう。当然といえば当然。なにしろ、投手と打者の二刀流なのだ。どちらでいくべきか、本当に両立できるのか、誰だってキャンプを見て論じたくなる。

 昨年のことになるが、例の「あっぱれ」と「喝」で有名なテレビ番組「サンデーモーニング」(TBS)で、張本勲さんが「私は彼のバッティングのファンなんです」と言えば、ゲストの山田久志さんが「当然、投手でいくべきです」と反論した回がある。ちなみに、張本さんは両立否定論者でいらっしゃるようだ。現時点では、もちろん、私にも結論めいたことは言えません。少なくとも、キャンプ、オープン戦を見てから考えたい。

 彼が甲子園(昨年のセンバツでしたが)で打ったホームランを覚えていますか。身長193センチの長身を実に柔らかく使い、力づくではなく、スイングの形でライトスタンドまで運んだような一打だった。力みがないし、体がしなやかに回転する。「ほー、これはいいバッターだなぁ」と惚れ惚れしたのを覚えている。ボールのとらえ方がいいのだろうか、いわゆるバットとボールがコンコンと2度当たるような感覚、つまりはボールとバットの接触時間が長いということだが、そういうホームランに見えた(かつて取材した名バット職人・石井順一さんは、これを「コンコン打法」と名づけていた。王貞治さんや谷沢健一さんの育成に関わった人である)。

 一方、投手としては、結局、甲子園では絶好調の姿は見られなかったような気がする。ただまぁ、昨年繰り返し放映された、例の岩手県大会準決勝で投げた160キロのストレートを見れば、そりゃ、もう十分ではある。1月24日の新人合同自主トレーニングでの初ブルペン投球が、現時点では、プロ入り後の投球資料ということになる(キャンプに入れば、連日見られるけれど)。

 槇原寛己さんは「ヒップファースト」を褒めておられた(1月25日付「スポーツニッポン」)。つまり、足を上げて体重を前に移動する時、お尻が先に前に出る。下半身主導。この形がよい。その通りだろう。もうひとつの特徴は、1月29日に早くも、カットボールを投げたことに表れている。つまり、彼は変化球も多彩なのだ。まるで、ダルビッシュ有(レンジャーズ)である。そりゃ、期待したくもなる。