「モノ言う株主」が帰ってきた!? SBIとアコーディア株の買占めで証券市場に復活をアピールした村上世彰氏の狙いとは
〔PHOTO〕gettyimages

 「モノ言う株主」の村上世彰氏が、完全に復活した。

 証券市場に、再びその名をとどろかせたのは、昨年10月17日だった。この日、村上氏が影響力を行使する投資会社「レノ」が、SBIホールディングス(SBI)の大量保有報告書を提出、5.82%、時価総額にして73億8,200万円を持つ大株主となった。

 そして今年は、年初の1月7日、ゴルフ2強のアコーディア・ゴルフ(アコーディア)とPGMホールディングス(PGM)の争いに割って入る形でアコーディア株を買い占め、結果的にPGMの敵対的買収を「不成立」にさせた。投下した資金は約150億円。両社はもちろん、証券界の誰もが、横から参戦した村上氏の真意を測りかねている。

 しかし、それでいいのだろう

 直接、経営に携わることなく、株を買い占めて経営陣に要求をつきつけ、株価をつり上げて、売り抜けるか、受け皿の企業を探すのが、これまでの村上氏の手法だ。狙いはもちろん、資金的背景も分からないほうが、虚像が膨らみ、思惑買いを呼び、「勝利の方程式」を描きやすい。

村上氏の登場はSBIにとって"援軍"だった

 SBIで存在を証明、アコーディアで完全復活した村上氏の軌跡を辿りたい。

 まず、なぜSBIだったのか。