古賀茂明「軽減税率という政策の下にある団体利権」ほか
古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン動画版より
<メルマガ動画配信によせて~古賀茂明さんからのメッセージ~>

昨年1月にこのメルマガを始めてから早いものでもうすぐ1年になります。どこまで続けられるか不安でしたが、皆さんの暖かい励ましのお言葉に支えられて、ここまで続けることが出来ました。心から御礼申し上げます。

この間多くの皆様から様々なご意見をいただきました。その中で、マスコミの方々からは、タイムリーに新鮮な見方で分析しているので、記事や企画の材料としているという声がある一方、一般の方からは、1回の分量が多すぎて、忙しい日常の中では少し消化不良気味だという声をいただいています。さらに、これからは、WEBも文字だけでなく動画の時代だから、動画での情報発信はできないのか、などのご意見もいただいています。

そこで、今年1月から2年目に入るのを機に、本メルマガを刷新させていただくこととしました。このリニューアルを機に、読んで、観て、面白いと感じていただけるメルマガにしていきたいと思いますので、引き続きご支援いただきますようお願い申し上げます。

古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン---本編の内容(全56:03)

1.軽減税率という政策の下にある団体利権
 ・困っている人だけにお金が行き渡る仕組みが日本にない
 ・品目分けに絡む団体への利権
 ・若い世代の生活実態にあった品目選びではない
 ・なぜ新聞は「軽減税率」に賛成なのか
 ・NHKを攻撃した大手新聞社

2.官僚のマジックワード
 ・なぜミッシングリンクがあるのか
 ・各地域にばら撒くための公共事業
 ・税金の使い道に責任を問われない財務省
 ・「官民ファンド」の動きに注目すべき

3.手抜き除染は起こるべくして起こった
 ・自治体中心で一軒一軒の状況にあわせた除染を考える必要がある
 ・本当のことを言えない自治体の事情
 ・事故のリスクとコストを加えれば原発は決して安くない
 ・原発事故は自民党の責任
 ・緊急性のない公共事業は優先すべきではない

4.維新の会とみんなの党の合流はあるのか
 ・政策が不透明な「維新の会」
 ・今のままでは難しい合流
 ・維新を上回るみんなへの期待
 ・簡単に太陽の党と袂を分かつことはできない

5.原発について読者からの質問に回答
6.古賀茂明さん新刊のお知らせ