賢者の知恵
2013年01月27日(日)

「カロリー50%オフ(当社比)」にひっかかる人々
日本をダメにしたB層の研究【第2回】

upperline

第1回はこちらをご覧ください。

 世の中に溢れている「数字」はたいていデタラメである。特にネット上の統計データはゴミばかりだ。結論を導き出すために、恣意的につくられている数字に注意しよう。とりあえず、数字で説明されたら疑ってかかるべきだ。

数学を悪用しない

 B層は合理的にものごとを考えるのが大好きです。

 だから、数字で説明されると安心します。

 このB層の習性を利用して、数字をつかってモノを売る人たちがいます。

「カロリー五〇パーセントオフ(当社比)」に食いつくのもB層です。

 ダイエットしたかったらカロリーは絶対値で捉えるべきです。

 数字自体は事実でも見せ方を変えれば世論は誘導できる。

 世論調査で、憲法改正の是非を問い、賛成派が五一パーセントだったとします。

 そうすると、改憲賛成の新聞社は「過半数が賛成」と書き、改憲反対の新聞社は「約半数が反対」と書く。

 そもそも世論調査は世論操作のために行われます。

 数字で説明されたら、とりあえず疑ってかかるのが真っ当な態度です。

 宝くじがよく当たる売り場が存在するのは事実です。

「一等がよく出る」売り場では、実際に一等がよく出ます。

 なぜか?

 売り場の立地がいいことと、情報に流されるバカが並んで買うからです。

 統計的にはそれだけで説明がつきます。

 そもそも、宝くじを買うこと自体、どぶにカネを捨てるようなものです。

 胴元が五割もっていくギャンブルなんてそうはありません。トイチの闇金よりタチが悪い。「夢を買う」のが宝くじなら、「夢に流される」のがB層です。

『日本をダメにしたB層の研究』
著者:適菜 収
講談社 / 定価1,365円(税込み)
 
◆ 内容紹介
橋下首相待望論が沸き起こる中、現代日本で起こっているさまざまな「くだらない」現象を読み解くキーワードが「B層」である。著者はすでに「ゲーテの警 告」「ニーチェの警鐘」の二冊の+α新書で、偉大なる哲学者、教養人の言葉を引きながら、近代大衆社会の末路が現在であり、それを象徴しているのが「B 層」の横行であることを指摘し、多くの支持を得ている。「B層」=比較的IQの低い、騙されやすい人間たち、の特徴を細かく解説しながら、多くのB層に支 持された民主党がかくも無様に崩壊した理由、そしてまた懲りもせず橋下徹こそ日本国首相にもっともふさわしいという今日の世論調査の結果に現れるB層の 「勘違い」の害毒を、あらゆるジャンルで分析しながら、あぶりだしていく。
次ページ  先日、私のメールアドレスにフ…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事