井上久男「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

NHKのテレビ60年記念ドラマ「メイドインジャパン」の制作に協力して感じた「記者の原点」

2013年01月26日(土) 井上 久男
upperline
試写会にて筆者撮影

 NHKがテレビ60年記念ドラマ「メイドインジャパン」(井上由美子氏脚本)を制作し、1月26日から3週連続で放映する。日本を代表する大手電機メーカーが倒産寸前の絶体絶命のピンチに陥り、極秘に選ばれた社員7人が倒産回避に向けて奔走するストーリーである。

 舞台は「タクミ電機」という架空の会社だ。メインバンクから融資の打ち切りを宣告され、「余命3ヵ月」となったなか、創業者会長が極秘にしかも社外に再建戦略室を新設。そこに、社内では決して主流派ではない、一癖も二癖もある7人が召集されてくる。室長には、かつてやり手のテレビの営業部長だった人物が左遷された形で就任する。それを主演の唐沢寿明氏が演じる。

 多くの読者がご存じのようにソニーやシャープ、パナソニックは大赤字が続き、会社存亡の危機にある。こうした状況下において時宜を得たテーマと言えるだろう。すでにNHKは番組宣伝を放映しており、それを見たある家電メーカーの社員は「これって、うちの会社?」と思ったという。NHKも「過去の悲劇でも、未来への警鐘でもなく、現在進行形のドラマ」と説明している。

なぜ「メイドインジャパン」は競争力を失ってしまったのか

 筆者は第一話の試写会に参加したが、ドラマのテーマのひとつが「エンジニア」や「技術」であるようにも感じた。「生み出すために生きてきた」のキャッチコピーは、エンジニアの本能のようなものを示している。

次ページ  ドラマでは倒産回避に向けて動…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ