[MLB]
佐野慈紀「松井秀喜だからこそできること」

 昨年12月28日、残念なニュースが舞い込んできました。松井秀喜が現役引退を発表したのです。この一報を耳にした時、「残念」のひと言に尽きました。確かに、現状は厳しいものでしたが、年が明ければどこかのメジャー球団からキャンプ招待の話はあるのではと思っていたからです。そこからまた、復活を目指して欲しいと望んでいました。「彼ならまだまだやれる」。そう思っていました。しかし、選手の感じる限界はさまざま。求めているもののレベルが高い松井だからこそ、決断を下したのでしょう。

 日本球界での復帰については、多くの人が望んでいたと思います。しかし、松井は「ファンは10年前のイメージのままでいる。その姿に戻れると強くは思えなかった」と、復帰しなかった理由を語りました。要因のひとつには、近年、彼を悩まし続けてきた両ヒザの故障もあったことでしょう。天然芝がほとんどのメジャーリーグとは異なり、日本プロ野球の球場はほとんどが人工芝です。両ヒザの不安を抱えている松井にとって、それは決していい環境とは言えません。故障をすれば、また球団やチームメイトに迷惑をかけてしまう。そして、ファンに100%のプレーを見せることができない。それは松井にとって避けなければならないことだったのではないでしょうか。

 では、DHであれば、守備への不安が解消されるのではないかという意見もあります。メジャーリーグでも、しばしば言われていたことでした。しかし、松井は「守備をしてこそ、一人前の野球選手」という考えを最後まで貫き通しました。僕は、同じ野球人として、この松井の気持ちがよくわかります。

 実は、僕は子どもの頃、往年の名ショートストッパー、オジー・スミスに憧れていました。ショートを守る彼の華麗なグラブさばきは目に焼き付いています。もし、もう一度生まれ変わって野球をやるのであれば、ピッチャーやキャッチャーもいいなとは思うのですが、やっぱりオジー・スミスのような内野手になりたいなと思いますね。松井はもともと内野手ですから、彼にとって野球とは、「グラウンドを縦横無尽に走り回って白球を追いかけ、そして打席に立って大きなホームランを打つこと」。純粋にそういう野球を追い求めてきたのだと思います。