雑誌
中国軍 政府機関の資料が示す「年内尖閣奪取」に出撃するのはこの部隊だ!
人民解放軍の艦船で演習を視察した習近平総書記。軍部にひきずられる形で日本攻撃を指示する可能性も〔PHOTO〕gettyimages

「尖閣周辺には中国の船や航空機が連日のように姿を見せ、尖閣が中国領だという〝既成事実〟を積み上げようとしている。中国が今年尖閣奪取に向けて更なる行動に出てくるのは間違いありませんし、粛々と〝対日開戦〟の準備を進めているのも事実なのです」

 尖閣諸島周辺の警備に当たる海上保安庁の幹部は、こんな懸念を示す。

 安倍新政権が誕生してからも執拗に繰り返される、尖閣周辺への中国籍の艦船や航空機による領海・領空侵犯。これに対して安倍政権首脳は「警告射撃を行うことも検討すべきだ」と強気の姿勢を見せる。中国の攻勢に対し、こちらも本気であることを示せば、いずれ中国は撤退し、また平穏が戻るだろう---日本人の多くがそう考えているのではないか。

 しかし、中国の軍部は「もはや釣魚島(尖閣諸島の中国名)問題は、引くに引けない段階まで来た」と腹を括っているのである。

〈2013年は中国にとって前進の年となる。全軍、戦争の準備を進めよ!〉

 1月上旬、中国人民解放軍を指揮する総参謀部が、解放軍全軍に対して衝撃的な指令を下した。総参謀部は年初頭、全軍にその一年の解放軍の方針を示す「軍事訓練指示」を伝えるのだが、その指示のなかに「戦争準備を万全に行い、実戦に対応できるよう部隊を十分に訓練するように」との文言があったのだ。これは極めて異例のことである。そして、その仮想敵国は、ずばり日本だ。人民解放軍はいま、日中開戦という事態を、現実のものと捉えはじめている。