大企業は10年間で株価が24%下がる一方、東証二部は67%上昇した現実を見よ!日本経済の足を引っ張る大企業の経営改革こそが必要だ

 高度経済成長期並みに成長をしている会社が、日本の上場企業の7割もあると知っていましたか?

 昨年末の日本の株価をみると、この10年間(2002.12-2012.12)のTOPIXの成績は+2%でした。で、その中で日本の上場企業の中で上昇している会社の比率はどのくらいだか知っていますか?66%です。約7割弱の会社の株価が上昇をしています。

 そして上昇をしている7割の会社の平均の営業利益の成長は+100%なんです。年率7.1%の成長で高度経済成長期並みの成長をしています。そして10年間の株価は+110%です。若い経営者が比較的多く、オーナー比率が高いのが特色です。

 一方で35%の下落をしている会社群はレガシーな伝統的大企業が多く、10年間で年に営業利益を1%ずつ悪化させていて、株価は36%下がっています。だいたい社長がおじいさんでサラリーマン経営者が会社を率いています。

東証小型株は47%も上昇

 7割もの会社の株が上昇し、それも株価が倍以上になっている会社も多いのに、どうしてTOPIXの10年間の上昇率は2%なのかというと、株価が下がっている会社群に大企業が多いのが原因です。特に、時価総額の大きな企業がより下がっています。TOPIXというのは時価総額を足しあわせて作られているので、単純な平均とは違います。

 読者のみなさん。今まで日本株はダメだと思っていませんか?日本の企業はダメだと思っていませんか?私が東京証券取引所と東証キャラバンという日本の経済や日本の株式市場の魅力を語るセミナーで全国を回っています。するとだいたい参加者の多くが、日本はダメで成長する会社がないと信じ込んでいます。それがすごく残念でなりません。

 ダメになっているのは日本の大企業が中心であって、中堅企業は必ずしもダメではなかったのです。その証拠に、TOPIXではなくて他の指数を見てみましょう。

たとえば、10年間の株価の動きは、

東証2部指数は+67%

東証小型株指数は+47%

です。これはすごくありませんか?これは平均です。株価が上がっている会社だけ取り出せばもっと素晴らしい成績であるのは間違いありません。

一方で日本を代表する時価総額上位企業で構成されているTOPIX CORE30の成績はどうでしょうか。

10年間で-24%でした。

このコラムでよくこの話題をしていますが、2012年の年末で改めて計算しなおしてみるとよりはっきりしました。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら