佐藤優 インテリジェンス・レポート
「アルジェリアにおける日本人等人質事件」

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.006より
【はじめに】
今回はアルジェリアにおけるイスラム過激派による天然ガス関連施設の占拠と日本人を含む人質事件について扱います。まず、この事件で亡くなった人質の方に深く哀悼の意表明します。日本のインテリジェンス能力を強化することが、この種の事件を防ぐ上でも重要と信じています。

【目次】
―第1部― インテリジェンス・レポート
 ■分析メモ(No.12)「アルジェリアにおける日本人等人質事件」
 ■分析メモ(No.13)「森喜朗元首相が語った北方領土三島返還論の意味」
―第2部― 読書ノート
 ■山内昌之 『民族と国家 イスラム史の視角から』
 ■浜矩子 『新・国富論 グローバル経済の教科書』
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録
―第5部― 佐藤優さんの今後の予定

分析メモ(No.12)「アルジェリアにおける日本人等人質事件」

【コメント】
1―(2)
ガス関連施設に勤務する日本人の事情を、事前のインテリジェンス活動によってテロ集団が入手していたことを示唆する報道もある。

英BBCはアルジェリアで取材中の仏メディアの記者の話として、「武装グループは(天然ガス関連施設内で)外国人、日本人がいる場所や、部屋番号まで正確に把握していた」と説明。武装グループが警備が厳重な施設に入り込み、広大で複雑な施設内で迷わずに動いていたことから、内通者がいたのは間違いないとの見方が従業員に出ていたと伝えた>(1月22日『朝日新聞』朝刊)。

1960年代からアルジェリアで事業を展開している「日揮」は、地域事情にもっとも通暁した企業で、当然、テロ対策のための情報収集、分析も行っている。

今回の事件で、テロ組織側に「日揮」を上回るインテリジェンス能力、特に内部協力者を育成するヒュミント(人間を通じたインテリジェンス工作)能力があったことを示唆している。

2―(1)
イスラム過激派が引き起こすテロに対しては、テロリスト側と取り引きするというシナリオはない。今回、テロリスト側は、フランスがアルジェリアの隣国マリ北部で行っているイスラム過激派の拠点に対する空爆の停止を人質解放の条件としたが、このような取り引きにフランスが乗れば、それを報道やインターネット情報で知ったアフガニスタン、パキスタン、イエメン、インドネシアなどのイスラム過激派が同様の事件を引き起こすリスクが高まる。

人命に最大限の配慮をしつつ、武力攻撃によって、テロリストを無害化し、人質を解放するしか方策がなかった。

2―(2)
フランスは、マリにおけるテロリスト掃討作戦を強化していた。日本ではほとんど報じられていないが、現地時間の1月15日夕刻にフランス軍が地上作戦を始めた。空爆と異なり、テロリストに対する全面戦争が開始されたことを意味する(本件に関し、ロシアのメディアがまとまった報道を行っている。1月16日の「レンタ・ル」の報道を参考までにロシア語から翻訳し、別添する)。その結果、焦燥感を抱いたイスラム過激派が以前から立てていたイナメナスの天然ガス関連施設へのテロ攻撃を決行したものとみられる。・・・(略)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら